"MANTIS" DOSNOVENTA HOUSTON OFFICIAL COLOR FRAME

2014.06.10
Osaka

こんばんは

今日は雨が降るような、降らないような。

とてもドンヨリとした一日でしたね。

気温は高く、湿度も高く

僕は汗ばっかりかいた一日でした。

今日はいつもとは違う雰囲気の自転車を紹介します。

テーマは「Mantis

IMG_6829

いかかでしょうか?

普段紹介する自転車とは、違った意味での存在感があります。

フレームカラーのグリーンに、細部に光沢のあるレッド。

これこそMantisという一台ではないでしょうか?

今回、ベースとなったフレームは

DOSNOVENTA Houston Frameset Custom Color Green」です。

アルミチューブかつシートポスト一体式構造のフレームであり、

コロンブス社のアルミチューブ「Airplane」を採用し、

タブルバテット構造でつくっている優れもの!

軽さも性能もさることながら

デザイン性がすばらしいんです。

フレームの流動感や、

シートの部分のスームージングが芸術的なんです。

そんな逸品をフレームにチョイスしました。

それでは、フェイスから紹介します。

IMG_6843

正面から見た雰囲気、なんだか不思議な感じがしますね。

不思議な感じがするのもそのはず!!

普段あまり紹介しないハンドルを使ってるからなんです!!

IMG_6850

ZIPP VukaBull ¥31000(+tax)

そうZIPPのハンドルなんです。

熟練の開発者と最先端の空気力学研究により完全にリニューアルされており

もはやアルティメットなハンドルと化しているんですね。

グリップはわずかに高くなっていて、

クライミングやスプリントの際には手首が自然な角度になるよう設計になっているんです。

IMG_6852

実際に手に触れてみてください。

光沢な部分に手をおけば、楽な姿勢でライドでき

先端部分を握れば、本気で走れる。

本当に考えられたハンドルなんです。

そして、このハンドルに付くブレーキレバーは。

IMG_6848

SRAM TT500 RED ¥7000(+tax)

ZIPPのハンドルとの相性、見た目を踏まえて

このTTレバーを選びました。

特徴的なのは、まずはカラーです。

このレッドはグリーンとの相性がいいんです。

また、レバーのひきやすさも絶妙なんですね。

IMG_6868

そして、SRAMのTTレバーのレッドとリンクするのが、

このホイールのハブです。

こちらのホイールはBROTURESのメカニックが

一本一本手で組んでいるんです。

手作り感がありますし

メカニックの愛情がこもっているんです!

手組みのホイールのメリットは多々あります。

お好きなリム、お好きなハブでホイールを組むことが出来ること。

自分だけのホイールを手にすることができること。

バトンホイールなどもインパクトがあっていいですが、

オリジナルホイールを作るのもカスタムの醍醐味だと思います。

そしてMantisにリンクするサドルはこれ!

IMG_6856
TIOGA SPIDER TWINTAIL BLACK ¥13000(+tax)

蜘蛛の巣をイメージしたサドル。

このサドルの魅力はなんといっても

通気性

ぼくはすごい汗っかきなので

お尻汗もすごいんですよねー。

ってことは、ズボンもビシャビシャ。。

そんなときにおすすめなのがこのサドルなんです。

IMG_6858

この通気性があれば、

お尻が蒸れることがないので

お尻がべちゃべちゃになる不快感を味わうこともありません。

IMG_6836

ということで

今日は「Mantis」ということで、

ピストバイクは個性をひきだすことで活きるんですね。

落ち着いた雰囲気で大人っぽく仕上げるのもよいと思います。

夏に向けて、どんどんカスタマイズしていきましょう!!

BANDAI

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台