リアタイヤは定番にして鉄板のドイツ製!再入荷です!

BORUTRES OSAKA でのリアタイヤ交換時

このタイヤを選ばれる方が大半を占めています!

そう、選ばれるのには理由があります。

 

再入荷してます!

CONTINENTAL GATOR SKIN ¥4700(+TAX)

IMG_1425

 

様々なタイヤブランドがある中、タイヤの硬さで有名なのがコンチネンタル社。

モノ作りへのクオリティの高さは Made in GERMANY の一言で充分でしょう。

メルセデス、BMWといったドイツ車のタイヤに広く採用されているのも信頼の証です。

そんなコンチネンタルのサイクル部門が耐久性に最重点をおいて作ったのが

このゲータースキン。

乗り心地は、新品はモッチリとしたグリップ感があり、スキッド感も少し重めですが

ひと皮剥けると抜群のスキッドのしやすさ。

スキッドしやすいからといっても滑るわけではなく、バランスのとれた程よいグリップ。

コンチネンタル側からすると ”そんな使い方想定してません” と言われそうですが

ピストのリアタイヤには非常にマッチしているタイヤといえます。

 

自転車はリアに荷重がかかっているのでフロントよりもリアタイヤの方が消耗します。

特にピストでスキッドよくする方は、言わずもがなリアタイヤはゴリゴリ減ります。

そんなピスト乗りのためにあるともいえるこのゲータースキン。

 

リアタイヤ、減ってませんか?

次回リアタイヤ交換時には是非 ”ゲータスキンで!” とご注文ください!

 

フロントにはコチラのタイヤですがまた改めてディープにご紹介します!

FOLLOW

Related Articles