Change The Handle!!!!!Change The World!!!!

こんにちは!!

皆さんは、どんなハンドルが好きですか???

どんなハンドルを使っていますか???

今日は色々なハンドルの本来の使い方や形を紹介したいと思います!!

IMG_3735

・左 Deda Pista Handle ¥8,600(+TAX)  ・右 LEADER BIKES DOWNTOWN DROP ¥7,000(+TAX)

IMG_3754

TRACK DROP→トラックレーサー(ピスト)用のハンドルです。街乗りで乗られてる方などはステム付近を握られていますが、

本来は短距離や競技場などで使用するので様々な所をを握る事は無く、下ハンドルのみ使用します!

このためトラックレーサー用のドロップバーには直線部分がなく、ステムから円弧部分まで滑らかな曲線を描いています!!

IMG_3743

・左 ENVE ROAD BAR コンパクト ¥40,000(+TAX) 中 Deda RHM02 Handle ¥4,600(+TAX) 右 Fizik Cyrano R3 Bar ¥10,340(+TAX)

IMG_3753

ROAD DROP→ロード用ドロップバーは長距離を走る時に、上半身の疲れが溜まりにくいよう握れる部分が長く多様な姿勢を取れるような形状になっています。

ステムから左右に20cmほど直線でバーが伸びているので、上ハンドルと呼ばれるステム付近を握ると、上体が起きた楽な姿勢になるので街乗りなど楽に走りたいときなどに利用します。

下ハンドルを握ると前傾姿勢がきつくなり、高速走行時の空気抵抗を抑える事が出来ます。

IMG_3746

左 ZIPP ブッカブルホーン ¥31,000(+TAX) 中 Deda Crono Nero LowRider ¥7,500(+TAX) 右 Fyxation Rodeo Pursuit ブルホーン ¥3,800(+TAX)

IMG_3758

ブルホーンバー→主にタイムトライアル用のロードバイクや、街乗りのトラックレーサー(ピスト)に使用するハンドルです!

フラットバーの両端が前方へ直角に曲がり、牛の角のように突き出しているハンドルです。

バーが真っ直ぐになっているフラットタイプや斜め下に向かって曲がり低い姿勢を保持出来るタイプなどがあります!

IMG_3747

上 ENVE MTB RISER BAR ¥20,000(+TAX) 中 BEAM XOB RISER ¥1,800(+TAX) 下 Deda Street Issimo ¥5,100(+TAX)

IMG_3748

ライザーバー→両端が斜め上に持ち上がり、グリップ部分が高くなっているバーです!

フリーライドやアクション系をするのに向いています!ちなみに僕もライザーバーです!!!

上半身が起き上がり楽な乗車姿勢を取れるので街乗りなどには、最適ですね!

またライザーバーには後ろへの角度(バックスウィープ角)や、上への上がり幅(ライズ幅)など色々なサイズがあります!!

 

皆さんも使用目的にあったハンドルを選んでみてはいかがでしょうか??

もちろん見た目で選ぶのもありです!!

“ハンドルを変えるだけで、世界も変わる”と思います!!

姿勢が変わるので、乗り心地はとても変わりますよ!!

大阪店でも、たくさんのハンドルを揃えていますのでご来店お待ちしております!!!

 

AYUMU.

 

 

FOLLOW

Related Articles