姿勢から私生活まで

 

自転車に乗る上で最も重要視する部分はどこでしょうか?

見た目?値段?性能?軽さ?

様々なこだわりがあると思います。

その中でも僕が最も重要な要因の一つと考えているものが、ポジショニングです。

ポジショニングと言われてピンとこない方は、乗り心地、姿勢と言い換えた方がわかりやすいでしょうか。

 

今日は、そんな乗り心地に関するお話です。

細かいお話になるので眠くなっちゃう方もいらっしゃるでしょうが(僕も)、これからのライディングに関わるお話なので我慢してもらえると嬉しいです。

 

今回は数あるコンポーネントブランドの中からBROTURESでもサドルでお馴染みのfi’zi:kをチョイス。

 

サドルで困ったらfi’zi:k!みたいな頼りがいのあるブランドですが、実はハンドルなども非常に優秀なんです。

 

1996年の誕生以来「快適さとパフォーマンスの両立」のポリシーの元、サドルやシートポスト、シューズを展開してきたfi’zi:k。

独自に提唱する、サドル選びのガイドライン、”スパインコンセプト”は2009年の発表から瞬く間に世界中のライダー達の間で浸透していきました。

身体の柔軟性=骨盤の自由度、とし3段階に分けて明確化したものが、スネーク、カメレオン、ブルと呼ばれるアニマルタイプです。

ライダーと自転車の接点に着目し、サドル(お尻)、シューズ(脚)と商品をリリースしてきたfi’zi:kが、次に手がけるパーツはやはり、「手」の部分。

sc2_10

この新たなスパインコンセプトが提唱する3つのカテゴリーに合わせたハンドルとステム、コックピットシステムが2014年にデビューを果たしました。

handlebar_image.jepg

fi’zi:k CYRANO R3 ALLOY DROPBAR ¥10,340(+tax)

fi’zi:k CYRANO R1 UD CARBON DROPBAR ¥30,860(+tax)

fi’zi:k CYRANO 00 HU CARBON DROPBAR ¥44,530(+tax)

「ハンドルバーの選択について決定的なガイダンスが無く、多くのサイクリストが商品を買っては試すという、時間とお金を無駄に費やしていました。そこに着目し、新たなコンセプト作りは始まったのです。」
byルカ・ヴィアーノ氏(開発責任者)

これまで通り骨盤の自由度に準じたアニマルタイプに適応するように、3つのシェイプをラインナップするハンドルがリリース。

SC2_3A_5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じアニマルタイプでもハンドル幅によって若干差異があるほど、非常に細かいシェイプまで緻密に計算されています。

細かい数値のデータを出すとちょっと眠くなっちゃうので(僕が)、ざっくり説明すると、、、

骨盤の柔軟度が高いほど、ハンドルのリーチが長くなり、ドロップが深くなります。

images

 

 

 

 

 

 

 

 

柔軟度は上記の画像にもありますが、前屈をして手が届く位置で簡単に判別できます。

これによってライダーは適切なポジションをとる事ができるので、より多くの人に素早く快適なフィッティングを施します。

3つのアニマルタイプ×3つのハンドル幅×3つの素材=27通りの豊富なラインナップから、あなたにぴったりのハンドルがきっと見つかるはずです。

 

またCyranoシリーズ唯一のステムは、70〜130mmのレンジと7°と20°の角度が展開。

ライダーの好みに合わせたポジショニングを可能にしてくれます。

Immagini 1197

クランプボルトのマテリアルには贅沢にもチタンを使用。

雨の日に自転車に乗ってもボルトが錆びないのは、シティライダーには嬉しいポイントですね。

ハンドルは3つのマテリアルを展開しているのに対し、ステムはアルミのみ。

ここがfi’zi:kのこだわりなのです。

カーボンを使用し安易に軽量化するのではなく、的確なパワーの伝達とハンドルからの入力をダイレクトに伝えるためにアルミをチョイスした。

とのこと。

軽さに目を奪われず、ライディングを最優先に考えるfi’zi:kのスタイルが伺えます。

 

 

 

やっぱりちょっと長くなってしまいました。(ちょっとどころじゃないですね)

我慢して読んで頂いた方、もしかしたら劇的にライディングが変わるかもしれませんよ。

これらのパーツを使って、最高に乗りやすいカスタムを作成しましたので、インスタもチェックお願いしますね。

アカウントはこちら→@BROTURES_kichijoji

 

ポジショニングのお悩み、その他、人生相談など何でもお気軽にご相談ください。

kichijoji@brotures.com

0422-27-6155

 
トシ

FOLLOW

Related Articles