THE CURE COLLECTION!

 

こうも天気がいいと思わず散歩したくなりますね。

 

できれば店先にPC出して外で仕事したいくらいです。

 

 

 

そんな感じでうっかり運動したくなるこの頃。

 

店頭でお話を伺っていても自転車に乗り出そうかな、とお考えの方はやはり増加傾向にあります。

 

 

なので今日は初心者の方でも乗り出しやすいエントリーバイクのススメです。

 

 

 

 

LEADER BIKESから新たにドロップされるCUREとCRETIN。

Leader-Cretin-5 MAT_7276

今回はCUREにスポットを当ててご紹介します。

 

そもそもこのCUREの生い立ちは、、

 

一年より少し前のこと、LEADER BIKEの創設者であり、C.E.O.のサルバドール・ロンブロッソ氏が膵臓癌に侵された。

精密検査後、サン・ディエゴのUCSDの癌研究施設で入院、治療が開始された。

世界的に膵臓癌研究で著名なUCSDのアンドリュー・ローウィー医師の元、サルバドール氏の癌は治癒に向かった。

 

今日、サルバドール氏の癌は完全に治癒され、そして彼は癌を治癒してくれたアンドリュー・ローウィー医師に捧げるため、「THE CURE」というモデルを創った。

きれいなライン、前下がりのパシューとジオメトリー設計によって創られた「THE CURE」は、アメリカだけでなく、日本やヨローッパ等、世界的に、このフレーム、完成車の全ての売上の一部をアンドリュー・ローウィー医師の新たな癌研究、治療薬開発の資金に寄付される。

癌に侵され、死の淵を彷徨い、それでも現代医療技術に救われたリーダーバイクC.E.O.の「同じように癌で苦しむ人が、この先一人でも助かってほしい」という切なる思いを含んだこの「THE CURE」  2014年秋、日本でも発売開始です。

 

「全ての癌患者の治癒を願って」 – Salvador Lombrosso

MAT_7315_640_426_c1

 

CRETINに関してはここでは詳しく言及しませんが、どちらも自転車で地域の、世の中の人々に少しでも役立ちたい、というLEADER BIKEの思念を具現化したもの。

 

 

 

そしてCUREはLEADER BIKESのハイエンドモデル、KAGEROのジオメトリーを継承しており、様々なポジションに対応出来るフレーム設計になっています。

なのでピスト初心者の方も違和感なく乗ってもらえる、そんなモデルです。

 

 

しかし初めてピストに乗るのでどんな風に選んでいいのかわからない。

と言うのが本音でしょう。

 

 

いろいろオススメはできますが、お客様個人個人の好みにドンピシャで合わせるのはなかなか難しいです。

 

なので正直、ルックスで選んじゃったらいいと思います。

まずは自分がカッコいいと思う自転車に乗る、というのが一番最初のピストの楽しみ方です。

 

完成車と言えどワンポイントカスタムしてあげるだけで印象も愛着も違いますし。

 

 

 

てなわけで、皆さんの自転車の選びの参考になればいいなって思い、CUREのカスタムサンプルを一挙に公開!

984277_882149685208059_6232146768288909914_n 10308154_882149705208057_4552993117730115066_n

ハンドルだけでもカスタムすると雰囲気出ますね。

 

 

10451847_882149741874720_6902046710090406764_n

少し余裕のある方はカーボンホイールとか入れちゃったり。

10615560_848682348521582_1120408723530451788_n

 

 

11008636_893879724035055_8838923004173968260_n

カラーホイールでアクセントをつけても個性的です。

 

 

10985877_882178415205186_6236385836320389688_n

こんな上級者カスタムも組みたいですね。

 

 

 

お気に召すカスタムはございましたでしょうか。

 

もしこの中になくてもこんな感じのカスタムどう?

みたいに聞いてもらえればお見積もりやイメージをお出しさせていただきます。

 

気兼ねなくどうぞ。

 

 

トシ

 

 

BROTURES KICHIJOJI

0422-27-6155

kichijoji@brotures.com

FOLLOW

Related Articles