UPGRADE YOUR BIKE Vo.4

 

昨日のブログで5月は自転車ハイシーズンです!なんてぬかしてましたが、嘘です。

 

早くも五月病になりかけてます。

今こんなに暑いのに夏になったらどうなっちゃうんだよ!

って今からとんでもなく気が重いです。

もう鬱です引きこもります。

 

 

 

 

さて先日、そんな僕とは正反対のエネルギッシュなお客様が愛車のグレードアップを果たしました。

生気に満ち満ちているというか、それであって暑苦しさを一切感じさせない好青年な方です。

 

そのお客様の相棒がこちら。

IMG_9076

これまたバッチバチな735TRです。

 

ハンドル辺りとか味、出てますね〜。

IMG_9080ハンドル:DEDA DABAR ¥25,300(+tax)
バーテープ:BROOKS LEATHER BARTAPE BK ¥8,000(+tax)
ブレーキレバー:SRAM TT500 RED ¥9,000(+tax)

めちゃくちゃ男らしいです。

 

そして735TRにはやっぱりディープリムですね。

IMG_9086BROTURES SHRED88 50,000(+tax)

存在感が違うんですよ。

 

さらにドライブラインまでも非常に男前なんです。

IMG_9088クランク:SRAM OMNIUM ¥37,000(+tax)。

チェーンリング:FSA PRO TRACK 9,000(+tax)。

 

この組み合わせ、多少重量があるのですが剛性に関してはピカイチです。

 

これは僕の勝手な哲学なのですが、ドライブラインは硬い方がしっかり進んでくれると思うんです。

ペダリングの踏んだ力をたわみなく伝達してくれるイメージです。

 

てことはコグとチェーンだって硬い方がいいんですね。

IMG_9091チェーン:HKK VERTEX GOLD ¥4,300(+tax)

コグ:EURO-ASIA GOLDMEDAL ¥15,000(+tax)

 

チェーンは競輪にも使用できるNJS認定されており、そのタフネスはお墨付き。

コグだってマテリアルのスチールの上からチタンコーティングを施し、硬いだけでなく理想的なチェーン離れを実現。

 

 

 

この一切妥協のないバイクが一体どんな変貌を遂げるのか。。

IMG_9093

 

まあお察しの通り、今回もフレームを乗せ替えしました。

どん!

IMG_9104

 

今回はCINELLI MASH HISTOGRAM 2105へ乗せ替え!

リアホイールのクリアランスもバッチリです。

 

HISTOGRAMってまあ軽いんですよね。

その秘密はフレームのマテリアルにあります。

簡単に言うと、より硬いアルミを使用する事でフレームのチューブを同強度でより薄く形成できるってことです。

 

 

そして乗せ替えにあたって、ハンドルもカスタムしました。

IMG_9112DEDA RHM02 ¥4,600(+tax)

このハンドルの名称のRHMはRAPID HAND MOVEMENTの略。

要するにどんなポジションチェンジもスムーズに行える設計になっています。

また手元もフラットになっており、握り易い万能ハンドルです。

 

 

 

てな感じで今回もいかがでしたでしょうか。

IMG_9108

いやー、このチャリめっちゃ速いんだろうなあ。

ちょっと乗せてもらえば良かったです。

 

HISTOGRAMのデザイン、ジオメトリー、マテリアル、完全に好みです。

LEADER以外で乗るなら間違いなくこのフレームを選びます。

 

 

これだけ様々な自転車のご注文をいただいてますが、こだわる人はみんなその人の「色」が自転車にも表れています。

お客様の名前を覚えるとき、顔と名前だけじゃなくて自転車も一緒に覚えるくらいです。

IMG_9076

自分の中でテーマがハッキリしている人はどんなカスタムにしようと、その軸がぶれないのでその人らしい自転車に仕上がります。

文字通り、その人色に染まるんです。

IMG_9104

コレが面白いんですよね。

だから僕らも、この人らしいなって商品をオススメできます。

 

次はどんな色の自転車をご紹介できるでしょうか。

僕自身、楽しみにしています。

 

WHO’S NEXT!

 

 

 

トシ

 

 

BROTURES KICHIJOJI

0422-27-6155

kichijoji@brotures.com

FOLLOW

Related Articles