GOrilla URBAN CYCLING "LAMA"

今日はレア中のレア、激レアなフレームのお話です。
まず日本ではあまりお目にかかれないんじゃないでしょうか。
なんたってデッドストックなんですから。
その名も「GOrilla URBAN CYCLING」 from Switzerland。
イタリアからスイスに拠点を移し、全てのフレームを受注生産でハンドメイドで作成しているブランドです。
今回GOrillaからご紹介するのはこちら!
リャマじゃなくて。。。こっち!
“LAMA”  URBAN PROMENADE with PAUL compornents ¥260,000(+tax)
ちなみにリャマとアルパカの違いをググってみたところ、
「リャマはかっこいい感じで、アルパカは可愛い感じ」だそうです。ニュアンスにもほどがあります。いやいやリャマじゃなくて。。
こっち!
こんなんどうでしょ!
GOrillaらしい湾曲したダウンチューブ。
独特な形状のフレームを得意とするGORILLA URBAN CYCLINGならではのフレームと言えるでしょう。
チューブもしっかりCOLUMBUSのBRAINを使用しています。
今回はPAULコンポーネントを中心に組んでみました。
PAUL CRANK ¥37,000(+tax)
PAUL LARGE FLANGE HUB ¥15,500(+tax)
それに加えて、今回のコンセプトでもあるPROMENADE(散歩)ハンドルをインストール。
NITTO B2522AA ¥4,000(+tax)
これにフロントキャリアーとか付けても良さそうですね。
サドルはBROOKSが7年間もの期間研究し試行錯誤を繰り返し、満を持してリリースするCAMBIUM。
BROOKS CAMBIUM ¥20,000(+tax)
天然ゴムをボディに使用した独特な弾力性と、繊維構造の薄い層によって強化されたオーガニックコットンキャンバスで作られ、 柔軟性とBROOKS伝統の長期使用を可能にしたサドルです。
しかも完全防水なもんでレザーサドルのように細かいケアーは必要ありません。
そんな感じでご紹介しました、LAMA。
実は僕も今乗ってるんですよね。
見た目が気に入って買ったのですが、とんでもなくバランスが良いフレームです。
そして冒頭でも申し上げましたが、デッドストックです。
てことは。。

“正真正銘最後の1台です!”

これを逃したら入手は困難を極めるでしょう!
気になる方はお早めにお問い合わせください!
本当に!!

トシ

BROTURES KICHIJOJI
0422-27-6155
kichijoji@brotures.com

FOLLOW

Related Articles