725TR YOKOHAMA CUSTAM 集めました!

こんにちは。JUNKIです。最近は吉祥寺と行ったり来たりなもので、毎日があっという間に過ぎていきます。気が付けばもう夏なのですね。
横浜店は外に出る機会が多いので、去年はただ働いているだけなのに、旅行にいったみたい黒くなったのを思い出しました。
夏になると少し切なくなるクセあります。過去のブログを覗いてみたりして懐かしい気持ちになったりします。
そこでBROTURES YOKOHAMAで組んだカスタムバイクを振り返ってみよう!的な事書きます。
今日は725TRしばりで。僕が特に気に入ってるやつをいくつか。
僕の好みなので、少しずれてるかもですがカスタムの参考になればと重います。

特に気に入ってるのがこいつ。すごくシンプルだけどDTのリムとGREDDYのハブで手組したホイールをインストールしていて、意外と手の込んだカスタムになったかなと。ステアリングとサドルはFIZIKで統一しましたが、シートポストだけは頑にTHOMSONだったり、分かりにくいけど、実際乗ると絶対調子いいはずな頑固系カスタム。

これも手組ホイールを突っ込んだ1台。CYCROCのカラーハブにH PLUSのAT-25って組み合わせにスポークカラーをシルバーにしてますね。個人的にシルバーのスポークは回ってる時にキラキラするのでブラックよりも好きです。ここは好みなのでどちらでも良いですが。PAULのクランクを使ったりして、さっきのカスタムよりもお洒落な仕上がり。

これは懐かしい。コイツのコンセプトはイタリア縛り。カンパピスタやDEDAMICHEっていうイタリアンブランドを中心に組み付けた1台。お客さんやスタッフもそうですけど、基本的にSRAMとかZIPPとかアメリカ好きな人が多いなって思って、天の邪鬼が発動したのを覚えています。笑 なんかこれもシートポストはTHOMSONになってますけど、相当好きなんでしょうね。笑

これは珍しいピンクが初めて入荷した時に組んだやつです。ピンクのフレームと言えば僕にとっては憧れのANDYしかなくて、カラーリングはオマージュです。

前3バトンで後ろディープ。ダイレクトクランク、角度のキツいステム、薄っぺらいサドル。なんだかんだ、こういうカスタムがかっこいいのは間違いない!
BROTURES YOKOHAMAでは誰が見ても間違いなくカッコイイといわせる王道のカスタムから、捻くれた天の邪鬼なカスタムまで、いろいろご提案出来ますので、お気軽にご相談下さいまし。
ぶっちゃけ各スタッフによって提案の内容が変わって来る事もあります。NORI,ADACHI,MIZUちゃんそれぞれが実際のピストユーザーであり、
乗り方も趣向も様々、思い思いの切り口でカスタム提案してくれるでしょう。なんか困った時は相談してみて下さい。たまに面白い話が聞けますよ。
店前では常連さんがよく集まっているので、お客さん同士で情報交換してみてもオモロいかもですね!
夏バテする前に遊びに来てくださーい!

JUNKI

FOLLOW

Related Articles