“乗りこむ”ということ。

2021.12.20
Kichijoji
ミヤ

昨日のライド、皆様お疲れ様でした。
僕は店番してましたが、お客様がお土産に「深大寺ビール」をくれました。

どうも、寺でビール作ってるっていう事実が衝撃。ミヤです。

さて本日ですが、

カスタマーズバイクチェック!!!!

やります。

昨日のライドに参加して頂いた方の中から、
特にやばいオーラを放っている車体をピックアップして撮影させて頂きました。

(なので、次回もあります。)


一台目の本日は、吉祥寺店のお客様の中でも指折りの「トリックライダー」であり
さらに本業の傍、グラフィックアーティストとして店舗のロゴ制作や
オリジナルアパレル制作なども手がけるなど、マルチな活動が最高にかっこいいAさんの乗る

コチラ。

「BROOKLYN MACHINE WORKS GANGSTA」をチェック!!

BMWの「ロウ」カラーといえば、
クリア仕上げにより透けて見える無骨な「溶接痕」や、
コーティングの下に無造作に走る「サビ」(自然発生・完全予測不能)など
いつ見ても、いつまで経っても、対面する度脳みそが痺れるかっこよさ。



そこに、Aさんアートセンスが冴え渡るオリジナルのステッカーや

グラフィックアーティストの必需品、
「スプレー缶」を販売を行う“モンタナカラーズ”によるデザイン性の高いステッカーなど
カスタムパーツにたどり着く前に、シャッターを切る手が止まらない、見どころ満載の車体。

そして日々強烈なトリックを行うAさんに選ばれたのは、やっぱりこのハブとリムでした。

PHILWOOD HIGH FLANGE TRACK HUB Black ¥34,100(TAX IN)〜

H PLUS SON AT-25 ARCHETYPE RIM ¥8,800(TAX IN)

さらに、クランクはOMNIUM、ペダルはMKS、サドルはSelle Italiaと続くのですが
特に注目したいのはそのどれもが、がっちり「使い込間れている」点。

MKS ALLWAYS ¥7,480(TAX IN)

Selle Italia Turbo 1980 ¥10,340(TAX IN)


いかがでしょうか。
どのパーツも、しっかり使い込まれていることが一目瞭然。
乗り方が悪いわけじゃない、むしろ愛されて「乗りこまれている」からこそのこのダメージ。

ちなみに、一度グリーンに塗ってから、さらにBKに上塗りしているカスタムフォークも、
最近削れてきて下地が見えてきたらしい。
「この育てていく過程が最高に楽しく、見た目もクールだよね。」と語るAさん。

僕もそう思います。

ピストバイクへの情熱と、弛まぬトリック練習によって刻まれた無数の傷跡、、
もとい「男の勲章」が光る見事な車体でした。

改めて、ピストバイクに“乗りこむ”とはこういう事だと教わった気がします。

ブログをご覧の皆様もぜひ、ここを目指してがっちり乗りこんでいきましょう。
(大怪我しない程度にね)


それでは。

BROTURES KICHIJOJI
東京都武蔵野市吉祥寺北町1-1-2【MAP】
0422-27-6155
kichijoji@brotures.com
月・火・水・木・金 12:00~18:00
土・日・祝     10:00~18:00



BROTURESでは各店、スタッフを募集中です。

採用情報について、詳しくはコチラをご覧ください。

ミヤ
BROTURES Kichijoji

北海道出身。札幌でピストにハマる。 接客・メカニックから撮影・ライティングなどなど、なんでも屋です。 王道のカスタムからニッチーなカスタムまで、ライフスタイルや好みに合わせて幅広くご提案致します。