DEDA or NITTO

ITALY or JAPAN

自転車の顔でもあるハンドル。
ルックスもさることながら、ポジショニングなど乗り心地に大きく影響するパーツの1つです。
近年ではピストにロードバイクのドロップハンドルをインストールするのがトレンド。
レースから街乗りまで幅広い場面で仕様されます。
そんなわけで今日はこんな対照的なハンドルのご紹介です。

NITTO M194SSB ¥9,800(+tax)
DEDA ZERO100 ¥13,100(+tax)

まずは、世界的に絶対的な人気を誇るジャパンブランドのNITTOからアナトミック形状のハンドル。
ピストではあまり関係ありませんがSTIブレーキ対応のハンドルです。
アナトミックハンドルは非常にシャープな見た目でカッコイイのですが、ブラケットブレーキにした時に手の小さい人だとレバーに手が届きにくいことがしばしば。。
このM194SSBはブレーキ装着部に凹みが入っていてよりハンドルに近い位置でブレーキを握れます!
なにより、このクラシックなルックスでオーバーサイズのロードドロップって意外と少ないので、それだけでも選ぶ理由になります。

もう一方でご紹介しますは、イタリアのパイプメーカーの自転車ブランドDEDA ELEMENTI。
高い剛性と軽量化を実現した高品質のパーツが人気のブランドです。
そんなDEDAの定番ハンドルの1つ、ZERO100。
アナトミックよりもドロップ、リーチ共に小さくさらにコンパクトなDEDA独自のRHM(RAPID HAND MOVE)形状です。
その名の通り、持ち手を変えてのポジショニングチェンジが非常にスムースに可能になります。

形状からルックスまで全く異なるこの2本。
あなたの自転車にはどちらを合わせますか?

FOLLOW

Related Articles