The attention to 735TR VOL.6

Detail design

こんにちは!
今日で6日間に渡って”735TR”を解剖してきましたが今回で最後!!
VOL.6ってことで「ディティールデザイン」について話していきたいと思います。

もともとカーボンフレームに使われ事が多く、最近ではハイエンドロードバイク等にも採用されている「テーパーヘッドチューブ」を採用。
ヘッドチューブの形が上から下へと太くなってる構造の事を差し、
ヘッドチューブ下部が太くなっていることにより連結するダウンチューブを太くすることができるのでフレーム強度がアップ!
同時にフォーククラウン部も大きく、太くなることからフォークそのもの強度を上げることができるんです!
ピストバイクではスキッドが必要不可欠ですが、フーレムに対して大きな力がかかってしまうのが問題点。
その問題を考えて、スキッドや立ち漕ぎなどにおけるフレームおよび操縦管の強度と剛性を上げることが意図されています。

さらにシートクランプにも拘りがあり、インテグレードシートクランプを採用しております。
またしても直訳しますが「結合されたシートクランプ」。ようはフレームと一体になっているってことですね!
これによってシルエットも向上しますし、かつシートポストを短くできる事から重量を軽減する事も可能です。
さらに2点止めにすることで従来の”735TR”のフレームよりもシートクランプの耐久性もアップ。
CNC加工(コンピュータ制御技術)を採用していますので精度も抜群。
見た目、耐久性、精度、どれを取っても抜け目ないシートクランプになっております!!

そして”735″と張ってあるデカールですね。実はこれ斜めに張ってあるんですが、これミスじゃないんですよ!!
これは”725″と同様なんで、YOKOHAMAのブログにて種明かしは乗っていますのでチェックしてみてください!!

これで6日間に渡る”735TR”の解剖は終わりにしたいと思います!
いつになるかわかりませんが他にも解剖していないフレームがありますのでお楽しみにしててくださ!!

ちなみここまで紹介してきました”735TR”なんですが、BROTURES SANDIEGOオープン記念ってことでフレームフォークセットが安くなってるんですよ!!

LEADER BIKES 735TR FRAME FORK SET
LEADER BIKES 735TR + I806 FULL CARBON FORK SET

何度も言ってますがここまで最新の技術、拘りをストリートに落とし込んだフレームは他にないと思います。
基本的にBROTURESではセールはしないですが、海外初進出!!ってことでお祝い価格です!是非この機会に最高級なあなたの相棒をどーぞ!!

FOLLOW

Related Articles