DEDA ELEMENTI

HANDLE LINE UP

すでにピストに乗られているお客様なら「DEDA」って書いてあるパーツみたことあるんじゃないでしょうか?
ここ数ヶ月に725、735TRの完成車を購入された方は各パーツ「FSA」となっていますが、
それまでの完成車のパーツは「DEDA ELEMENTI」っというブランドの物になっておりますので馴染み深いと思います。
BROTURESでも「DEDA ELEMENTI」のハンドルは人気で売れ続いています。
今店頭にあるハンドルを紹介していこうと思いますが、その前にこのブランドの歴史からみていきましょう

「DEDA ELEMENTI」とは、イタリアのチューブメーカーである「Dedacciai社」がフレームチューブ以外のチューブ製品、
ハンドルバーやステム、シートポストなどを作って売り出したブランドのことで、
その製品開発は多くのプロチームとトップライダー達をサポートすることで進められ、ツールドフランスなどの過酷なレースから
フィードバックされたデータを最大限に活かしており、業界でも名高いコンポーネントブランドとなっております。
さらに、一般的にハンドル径の規格は25.4mmや26.0mm、31.8mmがほとんどですが、「DEDA ELEMENTI」では35mmクランプ径のハンドル・ステムをリリースしたりと、常識に囚われない柔軟な開発姿勢はこれまでも多くの「新基準」を打ちたてて来ました。

そんな間違いないブランド「DEDA ELEMENTI」より、店頭にあるハンドルを3つほど紹介していきたいと思います。
ピスト乗りの定番アイテムと言ったらこれ!

「DEDA PISTA」 ¥8,600-(+tax)

通称「デダピ」ってやつですね〜EMI BROWNをはじめとする、海外ライダーの多くが使用するモデルで、
オリンピックでも使用されるほど!オーバーサイズのトラックハンドルはあまりないのでおすすめです!
よりストリートな見た目を追求されている方には是非!

「DEDA CRONONERO」 ¥7,500-(+tax)

初めて乗られる方から玄人の方まで幅広く好まれるブルホーンバー。持ち手がフラットな事から楽に乗れますし、
ハンドルの形状が、空気抵抗低減に効果のあるエアロバーになっております。人気の理由はその見た目にあります。
男心をくすぶられる攻撃的なルックスは、昔から今も変わらず皆に愛され続けている代物です。

「DEDA DABER」¥25,300-(+tax)

とにかく見た目のインパクトが強いカーボンハンドル。しかし、それだけではなく重量も174gとかなり軽く仕上がっており、
持ち手がオーバーサイズのクランプ径と同じ太さなので握り易さも抜群!!
重量、ルックス、性能どれを取っても最高なハンドルはコイツに限ります!

今回はこの3つのハンドルを紹介させてもらいましたが、この他のハンドルを狙っている方も気軽にご相談ください!
一カ所変えるだけで自転車の顔が変わり、かつ乗り心地も変わる部分。
この機会に是非ハンドル替えてみませんか??

FOLLOW

Related Articles