MASHっぽいハンドルあります。

乗るしかない!このビッグウェーブに!

いよいよ今夜に迫ってまいりました、MASH JAPAN PREMIERE。
昨日のパーティーもかなりの人数が押し寄せてお祭り騒ぎだったようですね。
そんな8年ぶりのMASHフィーバーとも言えるこのビッグウェーブに便乗しない手はありません。
ってなわけで今日はMASHのハンドルのご紹介です。

まずは1番人気のブルホーン。
CINELLI MASH BULLHORN BAR
MASHを、ましてはCINELLIを知らない人でも一目惚れ続出のこのハンドル。
さすがはイタリアメーカーらしい洗練されたデザインと、MASHのストリートライクなルックスが見事なまでにマッチしています。

次はこのドロップハンドル。
CINELLI MASH ROAD DROPBAR
Cinelliから、待望のロード用ドロップバー。
7050 T6 アルミ二アム素材を使用し人間工学に基づいたプロファイルで、ロードやシクロクロス、ピストバイクと幅広いジャンルでの快適性を約束します。
現在ではクリテリウムなどの競技でかなり目にする、というかほぼロードバーですね。

そして最後はMASHが火付け役となっている、トレンドのライザーバー!
一昔前はライズの高いハンドルをかなり短くカットするのが流行でしたが、今はその逆。
ダウンヒルなど、マウンテンバイクに主に使用される、ライズが低くワイズがかなり広いハンドルがナウいです。
実際に来日しているMASHのメンバーもほとんどがこのハンドル。
持ち手が広くなることで、ハンドリングがかなり安定しますよ。

あなたもこのビッグウェーブに乗るしかない!!

FOLLOW

Related Articles