This is why we recommend “Carbon Deep Wheels”

PIST BIKEのAtoZ

タイトルにもある通り、何故自分たちがディープリムを推すのか。もちろん全体のルックスのグレードアップもあります。
でもやっぱり自転車なので、より快適に、そしてより早く乗りたいっていう気持ちはあると思います。

まず自転車は前に進むので空気に当たり抵抗を貰いながら進んでいく形になります。簡単に言うとウチワを仰ぐ時はスゴい負担が手に来ますよね。
あれが自転車車体、もちろん乗っている自分の体にも生じます。
もちろん体をエアロ効果を生み出す形にしましょうなんて無茶ぶりは言いません。

めちゃくちゃ探したら自分が昔書いたブログに同じようなモノがあったので画像は使い回しさせて頂きますが、普通のホイールとディープリムのホイールの違い。
1番は「リムの幅」 ディープって名称の通り、幅のあるリムになっています。
ディープリムの場合、赤い風の流れが青い流れになる訳でその分、空気の流れがスムーズになり、より抵抗が少なくなります。
ディープリムでない通常のリムの場合の説明は次の画像を見て下さい。
赤い風が正面から来て、リム幅が狭いと紫色の矢印の方向に引き戻される抵抗が生まれます。

また手っ取り早く分かって頂けるのは1番ですが、実は次に説明する事の方が影響力はあります。
2番「スポーク」
スポークに関してはリム幅があるお陰で、露出している部分、スポークだけの部分が短くなるのが分かりますでしょうか。
スポークに関しても空気を切り裂いていくので、画像にある青い矢印のようにスポーク1本1本に沿って渦を巻く様な抵抗が生まれます。
そしてやっかいなのがこの抵抗がもの凄く推進力の妨げになるんです。
ディープリムにする事により、露出部分を短くでき、更にBROTURES SHREDであれば一般的なスポークは32本、32本ですが、SHRED 88はフロントで20、リアで24本。
抵抗の軽減もでき、スポーク分の軽量化も出来るんです。

リアに関しては、やはりフロントでかき乱れた空気が流れこんで来る為にどうしても影響が受けづらいそうです。
両足でペダリングする際にも更に自分で空気を掻き乱してしまう為、フロントのディープの方が体感して頂けるかと思います。
かのEmi Brownもそのスタイルでしたね。
この機会に是非!

BROTURES SHRED 88 FRONT ¥55,000 (+tax)
BROTURES SHRED 88 REAR ¥59,000 (+tax)

045-413-7875
yokohama@brotures.com

FOLLOW

Related Articles