シルバーで清潔感のある一台に。

2021.10.27
Osaka

こんにちは、鳥山です。

NATURAL MACHINE CRITに向けて、どのピストでどのカスタムで走ろうか悩みまくりな日々。

ガチガチのVIGORELLIでいくのもいいし最近楽しくのっているKAGEROもありだし、、、。

どれも乗りやすいし速いから決めきれずにいます。

そうなってくるとブログのカスタムも走れるカスタムになってきます。笑

今日はKAGEROに似たパシュート設計のモデルでいこうかなと思います。


LEADER CURE complete bike ¥110,000-intax

このモデルはエントリーモデルでは他に見ないコストパフォーマンスを持ったモデル。

6000番台の軽量アルミフレームにフルカーボンフォークを標準搭載しています。

このクオリティって他だとフレームセットで10万円を普通に超えてくるんですよ。

それが完成車で11万円ってんでからお得すぎるエントリーバイクですよね。

そんなCUREをギュンギュン走る感じにしたらどうなるか。

こんな感じにしてみました。

シルバーパーツでまとめて綺麗なルックスにして前傾意識のポジショニングで疾走感をアップ。

最近クリットレースでもライザーバークラスとかがあったりしてドロップオンリーじゃなくなっている。

僕もKAGEROでライザーバーで走ろうかなって思ったりしているからこそ今日はこんな感じに。

最近久しぶりに入荷してきたNITTO FOR SHREDはいつみてもいい形だなって思います。

他にこんな形を出しているメーカーなんてありませんから。

センターからシュッと真っ直ぐに伸びる形状は走りやすくどのフレームにつけても似合う。

PAULコンポーネンツの看板アイテムBOX CAR STEMのハイポリッシュで見た目の雰囲気を上げる。

THOMSONと同じように機械による削り出しですがこっちは軽さより仕上がり意識なブランドですね。

形、構造などにもこだわりがある手のこんだパーツになります。

クランクも合わせてシルバーに。MICHE PISTARD 2.0は今選べるダイレクトクランクの中でコスパが1番高い。

BB別売りなので初めからよく回るBBを選択することも可能です。手頃にいきたいならMICHE純正もあり。

OMNIUMがない今、しっかりした精度と剛性を持ったお手頃クランクはここ一択かと思います。

前後につけたホイールはAT-25×PHILWOODのBROSAKA人気NO.1と言ったも過言ではない組み合わせ。

リムは軽く尚且つ剛性も高いしPHILWOODのハブは耐久性も高く長く使っていける。

品質とコストのバランスを考えた時にこの組み合わせは最高だと思います。

いかがでしたか。

特段ハイコストなパーツは使わずともこんな組み合わせなら思いっきり乗っていけます。

シルバーパーツで清潔感のあるカスタムもかっこいいですよね。

僕もNATURAL MACHINE CRITはライザーバーで行こうかな。


REN


完成車:LEADER CURE COMPLETE BIKE ¥110,000-INTAX

ホイール:H PLUS SON AT-25 × PHILWOOD LOW CUSTOM WHEEL ¥ASK-

ハンドル:NITTO FOR SHRED BAR SILVER/650mm ¥8,140-INTAX

ステム:PAUL BOXCAR STEM POLISH ¥23,430-INTAX

シートポスト:THOMSON ELITE SEATPOST ¥12,100-INTAX

サドル:FABRIC SCOOP LINE SADDLE ¥9,350-INTAX

クランク:MICHE PISTARD 2.0 CRANK SET ¥38,500-INTAX

コグ:PHILWOOD TRACK COG ¥11,880-INTAX


BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台

FEATURED PRODUCTS