案外アリ!妖怪人間”ベル”!?

守ろう!道交法!

ここのところゲームのしすぎで体調を崩しがちです。トシです。
先日JINS SCREENのメガネをオーダーしました。ブルーライトは減らしてもプレイ時間を減らすつもりはありません。
タイトルはそれっぽいからテキトーにつけたので新種の妖怪人間とかは出てきません。

今日は妖怪人間の話ではなく、「ベル」のお話です。
ピストバイクというとまずブレーキが話題に挙がることが多いと思います。
道路交通法では前後に制動装置(ブレーキ)を備えていない自転車は公道は走れない、と定められています。
これはご存じの方も多いでしょう。
でもね、ベルも必要なんですよね。
自動車と同じで「警報鳴らせ」の道路標識のある場所では自転車も鳴らさないといけません。
自転車にとっての警報とは、、ベルなんですね。
もしこれを守らなかった場合、警音器吹鳴義務違反にあたり5万円以下の罰金に処せられます。

とは言っても、これを忠実に守っている人を僕は寡聞にして見たことないですし、それを促す警察も然りです。
ピストを見ては、「ブレーキのない自転車だ!」と後ろ指を指している人も、こればっかりは人のことは言えませんね。
いわゆるグレーゾーンと言ったところでしょうか。
ただ僕が個人的に最近、ピストにもベルがあったら便利なのになあ。なんて思ってたのでこんなブログを書くに至ったわけです。

今回入荷したベルはスペーサーと一体化しているタイプなので、これならピストにも付けやすいし良いんじゃないでしょうか。
ユル乗り用に改造中のマイチャリにも早速インストール。なんてこった。嫌いじゃない。むしろ愛おしい。。
真鍮の輝きと突き抜けるような澄み切った音色にウットリしています。
付けなきゃいけないから付けるのではなく、付けたいから付ける。これに勝る理由はありませんしね。
あんまり使わないかもですがこういう無駄なギミック、好きです。
自分のチャリなんですから自分の好きなようにやっちゃったら良いと思います。

Aヘッド真鍮スプリングベル ¥1,050(+tax)
Aヘッド真鍮スプリングベル CP ¥1,300(+tax)

FOLLOW

Related Articles