fabric “Scoop”

〜自分のイチオシなサドルの紹介〜

先日、大阪店で取り扱いを始めたばかりのfabric。
中には既に知っていたり、使用されている方もいるかとは思いますが、このfabricはまだ日本でもそんなに取扱店が無く、認知度も高く無いと思います。
僕自身、友人が使用しており、オススメされたことがキッカケで存在を知り、ずっと使ってみたいななんて思っていました。
大阪店に入荷することになりテンションもあがりましたし、もちろんすぐに使用しちゃってます。
この良さを共有したいので自分のイチオシを紹介していきます。

まず、fabricのラインにはALM,Line,Cell,Scoopとあります。
その中から僕が使用しているのはScoopというモデルになります。
全てのライダーにフィットすることを考えたのがこのScoopであり、乗り手のライディングポジション、カラーリング、そして基本性能から、最適なサドルを選んでもらえます。

そして、このScoopには三種類のフォルムが用意されています。

空気抵抗を軽減するエアロダイナミックなポジションのためのFLAT。
乗る時に下ハンドルを持つなど姿勢を低くして乗られる方にいいかと思います。
Scoop FLAT¥8,500-(+tax)

パフォーマンスと快適さのバランスをとったのがShallow。
僕が使用しているのがこのフォルムになります。
ドロップやブルホーンを使用していても上を持って乗られる方等にはいいと思います。
また僕のようにパシュートフレームにライザーの方もいいと思います。
Scoop SHALLOW¥8,500-(+tax)

上体を起こした快適なライディングポジションのためのRadius。
ライザーハンドルを使用していたりで楽な姿勢で乗っている方にはいいと思います。
Scoop RADIUS¥8,500-(+tax)

今回紹介しましたScoopはどのフォルム、カラーでも全部¥8,500-(+tax)と価格もお求めやすいかと思います。
どんなに良いパーツで組んでいてもサドルが自分に合っていなければ乗る気になれません。
逆にサドルの座り心地が良いと寒くても乗って出て行きたくなると思います。
実際に、僕は2台持っていますがfabricを付けてる車体ばかり最近は乗っちゃってます、笑
使用しての感想としてはパッド量が本当に適度で、沈みすぎるでも無く、硬すぎるでもなく、お尻全体をしっかり受け止めてくれている感じです。

本当にオススメなサドルなので一度皆さんも使用してみてください!
では、BROTURES OSAKAでお待ちしています。

フジ

FOLLOW

Related Articles