TUFO TIRE

hand made in the czech repuyblic!!

最近の大阪店では、お客様からのパンク修理・タイヤ交換の依頼が多いように感じてます。
大体のお客様がお店にある一番安いタイヤに交換してくださいと言われることが多いです。
タイヤって消耗品ですが、種類も多く存在し、値段も安いものから高いものまでピンキリです。
ただ、このタイヤ一つで本当に乗り心地は大きく変化するものなんです。
なので、折角交換するならいつもと違ったタイヤを使用してみて欲しいなと思うんです。

お店の中には様々な種類のタイヤがあるわけですが今回はタイトルにもあるようにTUFOというブランドのタイヤを紹介します!
このTUFOはハンドメイドのタイヤになり、生産国がチェコのものになります。

まず、TUFO CALIBRA LITE ¥5,300-(+TAX)
このタイヤはクリンチャータイヤであり、最大の特徴は軽さ。
重量は150gと非常に軽く、トレッドパターンがスリックになっているので見た目としてはツルツルな感じです。
このタイヤは軽いだけでなく、手の込んだ作りになっていて、サイドとセンターで繊維の編み込みの細かさを変えているんです。
実際に僕はこのタイヤをフロントに使用していますが軽くて良く転がってくれると感じてます。他と比べると硬い印象もありますが空気圧をパンパンにして乗るのが好きな方はこの硬さは好きなはず!車体重量を軽くしたい人にもこのタイヤはオススメです。

次に、TUFO CALIBRA ¥4,600-(+TAX)
このタイヤもクリンチャータイヤでありトレーニングからレースまで幅広く使用される物で、僕はリアタイヤに使用することをオススメします。
リアタイヤにはGATORSKINを使用している方が多いと思いますがそれと比較すると重量的には35g軽い195g。
スキッドをされる方は耐久性を求めてGATORSKIN,THICKSLICK,RANDONNEURを使用している方が多いと思いますがその辺りよりは軽くて案外長持ちしてくれるので一度お試しを!

最後は、TUFO S22 SPECAL ¥5,400-(+TAX)
このタイヤは最初の二つと違いチューブラータイヤになります。チューブラータイヤはクリンチャータイヤと比較して交換作業がめんどくさいとか耐久性が劣ると思われがちですが今はセメントでなくテープを使用して交換したりするのでやってみると案外簡単です。
このタイヤは耐久性もしっかりとあり、高圧にも耐えやすく、タイヤの断面形状がクリンチャータイヤと比較すると真円になり易いため、転がり抵抗が少なく、乗り心地としては非常に良いです。
チューブラー対応のホイールを使用されている方は少ないかもしれませんが対応したホイールを使用している方にはフロント・リア共にオススメです。

今回紹介したタイヤはほんの一部になりますが、どんなタイヤを使用したら良いのかとか分からない方の参考になればと思います。
まだまだ様々なタイヤがあるのでタイヤ交換を考えている方は是非店頭にお越しください!
お待ちしております!

フジ

FOLLOW

Related Articles