ギリシャ旅行記

引きこもり、海を出る。

お久しぶりです。トシです。
と、言われてもなんのこっちゃわからないですよね。
実は学生最後の春休みを使って1週間ほどギリシャへ旅行してました。
今回はそのブログというか日記みたいな感じです。

前々から突発的にどこかへ一人で行っていたのですが、今回は初めてのヨーロッパでした。
英語すらまともに話せない、人見知り、なのにギリシャを選んだのは神話が大好きだから。
無数にある世界中の神話の中でもその頂点に位置すると言われるギリシャ神話は、現代においても多岐に渡る分野でインスピレーションを与え続けている傑作です。
一度は行ってみたい彼の地だったわけで、思い切って足を伸ばしてみたのです。

パルテノン神殿があるアクロポリスに代表されるような小高い丘がギリシャには点在しています。
知識としては知っていたものの実際に行くと街中も起伏が激しく、なかなかに交通量も多い。
なるほど。どうりでマウンテンバイクに乗っている人ばかりなのか。
それぞれが自分の生活に合った自転車に乗っており、スクーターなんかも多かったです。
自転車に限りませんが、住んでいる場所に適したモノを選択することは大切です。
逆に東京などの日本の都会は比較的路面も整備されているし、厳しい起伏も少ないのでピストバイクにはもってこいなんだな。って実感しました。
そんなギリシャでもピストを目にすることはあったので理屈じゃない部分も多いと思いますが。

嬉しい出会いもありました。
目的もなくフラフラほっつき歩いてたら偶然チャリ屋を発見したので入ってみたのです。
するとそこにはギリシャに似つかわしくないロードバイクやピストの姿が。。
話を聞いてみるとBROTURESのことも知っていたようで、思わず長居しちゃいました。
BROTURESのTシャツは本当に偶然です。マジです。顔ひきつってるのはいつもです。写真苦手です。
そんな僕にも親切に対応してくれた48×17 CYCLESのAGIとTHEMISには感謝です。

コミュニケーション能力が著しく低い僕が唯一繋がりが持てるツールがピストバイク。
前回の台湾でもそうでしたが、世界共通の意識を共有できると人と人の距離はグッと縮まる気がします。
そういう意味でも自転車は人生を豊かにしてくれるものだと再認識させてくれた旅でした。
あと猫いっぱいいてウハウハでした。

そんなわけで今回のお話はここまで。
カメラが調子悪くてほとんど写真が残ってないのが心残りですが、良い思い出になりました。
細かいことやどうでもいい話は是非お店に聞きに来てやってください。
時差ボケの寝惚け眼でお待ちしております。
今度は自転車持って旅行したいなあ。

FOLLOW

Related Articles