CONTINENTAL GATORSKIN !

春は新しいタイヤに履き替えて

ドイツの老舗メーカーCONTINENTALから、僕等スキッドフリークの足元をサポートし続けるGATORSKINが入荷しました。
春の陽気に誘われて、世間の自転車乗りたい気分の高まりを感じずにはいられません。最近はタイヤ交換のご依頼が目に見えて増えて来ました。
冬の間出番の少なかったピストバイク。今日みたいな陽気の日に、いざ乗ろうと思ったら空気ベコベコ、パンクかな?こんなケースはよくあります。まずは逸る気持ちを抑えてエアチェック。そしてタイヤの表面も同時にチェックしてください。乗ってないから、使ってないから大丈夫。そんなことはないのです。
タイヤはゴムです。紫外線や水分、乾燥によって乗ってなくても痛むさだめを持っています。
どうせ変えるのであれば良いものを。
CONTINENTAL GATORSKIN ¥5,500- は噛み砕いて言えば、丈夫さと走行性能を兼ね備えたタイヤです。タフなトレッド(ゴムの黒いところ)に加えてデュラスキンと呼ばえるオレンジ色のアミアミが、長寿命とサイドカット等のトラブル対策を約束してくれます。
5,500円と聞くとやや高いように感じるかも知れません。タイヤは安価なもので2,000円くらいからありますし、消耗品なんだから安い方で!ってなる気持ちも分かります。
でも僕はGATORSKINの方が絶対経済的だと知っています。むかし自分で検証してみたら、やっぱ値段分は長持ちするんですね。そうなってくるとタイヤ交換工賃とか、タイヤ変える手間とか、買いに行く時間とか、いろいろ良い訳ですよ。あとはやっぱり安価なタイヤに比べると絶対的に転がりやグリップが改善されるので、より上質な走行が出来るってところが大きいです。

CONTINENTALは全体的に他のメーカーのタイヤより耐久製が優れていると評価されています。はほとんどの製品をドイツ国内で生産し、パッケージには生産者のドヤ顔がプリントされている事はお馴染みですね。「これ私達が作りました」的な野菜はよく見かけますが、そんな自転車パーツは他にない。生産者の自信が表れているのでしょう。

BROTURESではGATORSKIN以外にもCONTINENTALの商品をラインナップしています。下記にサラッと説明を載せておきますので気になるタイヤがありましたらチェックしてみて下さい。

CONTINENTAL GRAND PRIX 4000S II ¥7,000-
クリンチャータイヤの最高峰のひとつに数えられるレースタイヤ。他モデル同様、レースモデルでありながら高い耐久性も誇ります。スキッドにも強いので前後で履かせてもオッケー。これは速いタイヤだと実感出来ると思います。

CONTINENTAL GRAND PRIX 4-SEASON ¥7,400-
GATORSKINよりもハイスペックなテクノロジーを搭載した高耐久モデル。330TPIというレースモデル並みのしなやかさも併せ持つ。ある意味4000S IIよりもハイスペックなタイヤ。

CONTINENTAL GRAND PRIX ¥5,100-
GATORSKINと比べるとDURASKINというオレンジのアミアミをなくして、トレッド(ゴムの部分)のスペックをアップさせたタイヤ。軽量性もやや勝る。真っ黒がお好みであればGATORの代わりにどうぞ。

YOKOHAMAはタイヤにゃちょっとうるさいっす。迷ったら一度ご相談下さい。スキッドの頻度や走行距離、ライフスタイルに応じてあなたの愛車に最適なタイヤをご提案致します。
クルマと同じように自転車もタイヤを変えれば走りが変わります。
新しいタイヤに履き替えて、春を走りましょう。

JUNKI

yokohama@brotures.com
045-413-7875
[BROTURES YOKOHAMAまでの道のりブログ]

FOLLOW

Related Articles