世界初!携帯ツールでトルク管理!?

birzman M-Torque4入荷!

ピストバイクの楽しみの一つといえばカスタム。ご自身でパーツ交換などされる方も多いことでしょう。
その際に気をつけたいのがトルク管理。簡単に言うとボルトなどを締め込む力の加減のことです。
自転車のパーツには基本的にその力加減、トルクの規定があります。
これに従わずに力の限りに締め込んだり、逆に締込みが足りないとパーツの破損や事故の原因にも繋がりかねません。

それを防ぐためにショップではトルクレンチと呼ばれる工具を使用しています。
これもザックリ説明すると、設定したトルク値まで負荷がかかるとカチッと教えてくれる工具です。
これによってボルトなどを適正トルクで均等に締め付けることができるってわけです。
ただ、このトルクレンチって結構大きくてかさばるんですよね。
そこでこいつの出番なのです!

birzman M-Torque4 ¥2,800(+tax)

世界で初めて携帯ツールでトルク管理ができるという逸品。
一般的なトルクレンチに採用されるラチェット構造ではなく、独立した機構を備えているためここまでの小型化に成功しています。
使い方は至極簡単。スライドの写真のように人差し指と親指を添えて締込むだけ。
5Nmのトルクがかかると親指部分のボタンが作動してカチッと教えてくれるんです。
また、ラチェットタイプでボルトを緩めることは、トルク管理の精度が落ちたりすることがあるのでご法度です。
M-Torque4はその心配がないのが便利ですね。

自転車の整備で使用頻度の高い4mmと5mmのヘックス、T25のトルクスに加えマイナスドライバーが用意されています。
これ一つあれば出先での精度の高い整備はある程度事足りてしまうというわけなんですな。
ライド中にサドルやハンドル、ステムなどのセッティング変更をする際のトルク管理に重宝するM-TORQUE 4。
トルクチェック用のボタンは10,000回ほどまでクリック可能という高耐久性も備えられているんだからもう文句なしです。
値段もお手ごろなので持っていて絶対に損はしないはずですよ。

BROTURES KICHIJOJI
TEL: 0422-27-6155
EMAIL: kichijoji@brotures.com

FOLLOW

Related Articles