ピストバイクの登竜門と言えば。

2021.12.22
Kichijoji
ミヤ

いよいよ年末感が強くなってきましたね!
常連のお客様との会話では「よいお年を」のやりとりも増えてきました。

「良いお年を」とは江戸時代に生まれた挨拶らしく、当時は
すべてのツケを精算して、気持ちよく新年を迎えられますように。

という意味で使われたそうです。

どうも、普通に怖い話。ミヤです。

さて本日は。


LEADER®︎ 721TR Complete Bike ¥110,000(TAX IN)


LEADER®︎のラインナップ中、CUREと並びコストパフォーマンスに優れた
エントリーモデルの位置付けにある721TR!!について

走行するために必要なパーツが全て揃って、
もちろん前後ブレーキもペダルも込み込みで、10万円(税抜き)という破格の車体です。

原材料が比較的安価なクロモリフレームならまだしも、
アルミ製のフレームとしては怖いくらい安価な設定になってます。
しかしながらそこは我らがLEADER®︎
ピストという乗り物の楽しさを十二分に楽しんでいただけることはもちろん、
購入後のカスタムでの伸び代も多く、非常に優秀な一台。

・ピストバイクに乗ってみたいけど何に乗ればいいかわからない!
・なるべくリーズナブルに乗り出したい!


そんな方には本当にオススメです。

オススメポイント①

軽い。

自転車によく用いられる素材には
ハイテン(激重。ママチャリ〜たまにピストでもあります。)
クロモリ(細いフレームは大体これ)
アルミ(太いフレームは大体これ)
カーボン(
など様々なものがありますが
721TRは「硬くて軽い」が特徴のアルミ素材!

超絶一般的なクロモリフレームの完成車重量は10〜11kgぐらいですが
721TRは10kg切ります。
軽いパーツでカスタムしてあげれば8kg代も狙えます。

軽さは強みです。

ストリート最速の移動手段、ピストバイク。
stop and goの切り替えの速さはその最たる理由ですが
重い車体は安定感、高速走行時のスピードの落ちにくさには恩恵がありますが
信号待ちや直角交差点でのクイックな動作面で劣るものが多いです。

ピストならではのキレのあるレスポンシブルな操作性の良さは
やはりアルミフレームが一番実感しやすい!

オススメポイント②

互換性が高い。

LEADER®︎の最大の魅力である「オリジナルジオメトリー」
シートチューブのカットアウトや極太のダウンチューブに見られる独創性はLEADER®︎をLEADER®︎たらしめる非常に重要なピース。

ですが、こと721TRに関しては比較的プレーンなジオメトリーに留めてあるのが特徴。

基本的にカスタムできない場所がありません。
この自由度こそが721TRの最大の個性。
クセのないところから、ライディングの環境に合わせて様々なカスタムが楽しめる。
もっとこうしたい!をしっかり受け止めてくれる懐の深さも大きな魅力です。



限りなく可能性に満ちた、まさしく登竜門と言えるLEADER 721TR。
2021の買い物納め、そして2022を最高にハッピーな年にするためにも
是非ピスト選びの候補に入れてみてはいかがでしょうか。


それでは。

BROTURES KICHIJOJI
東京都武蔵野市吉祥寺北町1-1-2【MAP】
0422-27-6155
kichijoji@brotures.com
月・火・水・木・金 12:00~18:00
土・日・祝     10:00~18:00


ミヤ
BROTURES Kichijoji

北海道出身。札幌でピストにハマる。 接客・メカニックから撮影・ライティングなどなど、なんでも屋です。 王道のカスタムからニッチーなカスタムまで、ライフスタイルや好みに合わせて幅広くご提案致します。

FEATURED PRODUCTS