CINELLI GAZZETTA BLACKKK DETAIL:)

続きをご覧頂き有り難うございます。

今回は僕と763であーだこーだ言って完成した1台です。

最初は青のガゼッタで組もうと思ったのですが

このCINELLIのロゴを見て、

なんか悪そうなの組みたい!ってなったので笑

BROTURES YOKOHAMA的GAZZETTAをブラックで組む運びとなりました。

まずはハンドル周りから。

CINELLI PISTA DROPのマット感が気に入り装着。

マットってなんでこんな悪そうなんでしょう?

現在の主流はオーバーサイズになっていますので、ここは流行をしっかりとキャッチ。

太い方が単純に握りやすいし、手に食い込みにくいので痛くなりにくい。

ステムはYOKOHAMAでイチオシTHOMSON X2。

詳しくはこのブログにて

ホイールはMICHE SUPERTYPE CARBON WHEEL SET

余り見かけないですね?

それもそのはず。日本未発売モデルなんです。

やばいでしょ。

前後セットで¥126,000とお買い求めやすい価格です。

前後に入れると軽量はもちろん、加速、伸び共に飛躍的な向上です。

HARAJUKUのGODAI店長も前後をBROTURESオリジナルカーボンディープにしてから

通勤時間の短縮に成功。

ただ、クロモリの細フレームに88MMとかはやりすぎな気がしたので

バランスを見てこの58MMにしました。

イタリア同士デザインも喧嘩しません:)

ということで、シートポストもMICHE SUPERTYPE

肉抜き具合と、マット感が絶妙なマッチングです。

昨晩の4LOWZ SPOT LIGHT ITEMでもご紹介したTIOGA TWIN TAIL。

昨日読んで頂いた方には伝わってる事でしょう。多分。

ここも普通はSAN MARCOとかSELLE ITALIA入れるでしょうね。

でもこれを組んでるのはあくまでもBROTURES YOKOHAMAの4LOWと763です。

他と同じような在り来たりな事はしません。

かっこよくて良い物を僕たちなりに選択してます。

ここまでITARYできてたら普通だったらMICHE ADVANCED CRANKをチョイスしてしまいがちですが

ここもあえて外します。これにはPAUL 100% PURE ROAD CRANKでいきたかったんです。

ブラックフレームにブラッククランクで分かりにくいかもしれませんが

静かに、ひっそりと存在感を放ってほしかったんです。

それが出来たのがこのクランク。

デザインももちろんですが、その精度の良さはコンセンサスを得ているでしょう。

そうそう、もちろんフレームはCOLUMBUSチューブ。

老舗中の老舗のチュービングブランドですね。

長くなってしまいましたが、本当はもっと書きたい笑

今日のブログは重そうだな…

 

4LOW

 

FOLLOW

Related Articles