ドライブライン、カスタムしてますか?

2016.06.21
Harajuku

最近、街乗りでもだんだんと目立つようになってきたピストバイク。
日々の通勤や通学、お出かけでの相棒的な存在になっているのではないでしょうか?
そして、ピストバイクに乗っているとメンテナンスとカスタムもしたいな〜と思うのが常です。
今日はピストバイクのカスタムの第一歩とも言われるドライブラインのメンテナンスや、
カスタムパーツをご紹介していきましょう!

『ドライブラインとはどこの事を指すのか?』
走らせる為に必須な自転車の回転、負担のかかる部分は、、、

ハブ(ホイールの回転軸)

IMG_0934

コグ(後ろのギア)

IMG_0877_mini

チェーンリング(前のギア)

IMG_8066

ペダル

IMG_0617_mini-600x400

クランク

IMG_0843

それらを回す為のチェーン

IMG_1002_mini

これらをしっかりと、メンテナンス、カスタムする事でより良い走行が実現されます!

『故障するとどうなる?』

Untitled

ストラップ等に足を通して固定ギアで一体化するピストバイクは、
ドライブラインのどこかが故障すると違和感に気づくようになります。
故障の主な症状としてはチェーンからの「ガラガラ〜」と言う異音、クランクを踏み込んだときの「パキパキ」と言う様な異音、
また、音は鳴らずとも走行中何かに突っかかっている様な重い感じの違和感...等々。
故障の原因としてはメンテナンス不足や転倒、雨天時での走行によるものが考えられます。
梅雨時期は特にメンテナンスが必須で雨天走行後は必ずタオル等で水気を取る事が故障防止にも繋がります。

『いっぺんにはカスタムできないからまず何から変えたらいいのか?』
状態にもよりますが、個人的な提案としてはクランクか、コグです。
自転車に乗る上で一番体重がかかる場所がクランクなのでここからカスタムしておけばまず間違いないと言えます。

sg75_144_silver
SUGINO75 TRACK CRANK ¥26,000〜
踏み出しの感じ、走行中の軽快さが感じられピストに乗る上で避けては通れないカスタム。

次にコグですが、こちらも走行時の異音解消だったり、ペダリング時、滑らかさも感じられ負担が軽減されます。

20160205-DSC04554 (1)
EURO-ASIA 各種 ¥5,830〜
その他にもドライブラインのカスタムはありますが、
メンテナンス箇所、不具合箇所によってカスタムの方法も様々なので、
気になる事はスタッフまでお気軽にご相談くださいませ!

お電話、Eメールからもお見積もり、ご注文、3万円以上の場合はローンもご利用いただけるので
お気軽にお問い合わせ下さい!

→お問い合わせはこちらから←

03-6804-3115
harajuku@brotures.com

BROTURES Harajuku
ブローチャーズ原宿

東京・原宿に構えるBROTURESのヘッドショップ。広々とした店内にはカスタムされたLEADER BIKE、CINELLI, DOSNOVENTAなどの海外インポート車体、パーツをフルラインナップしている。一歩リードしたい人の為の特別な1台を提供させて頂きます。