LEADERの更なる進化を解説。

2021.08.09
Osaka

こんにちは、鳥山です。


先日721TRとCUREの一部リストックがあり、ついに店頭にLEADER全モデルが揃いました。

全モデルが店頭に並ぶのは実に半年以上振りになります。

しかも今回は久しぶりにカラー物入荷してるってんだからこれは胸熱ですよね。


そんなLEADER、今回さらにアップデートされて帰ってきました。

前回リストック時は7シリーズがフルカーボンフォークになっていたりタイヤにGOODYEARが使われると言うアップデートがありました。

そこから次は何がよくなったのか。今日はその部分について詳しく触れていこうと思います。


今回の変更点は3点あります。

まずはトップチューブにリアブレーキワイヤーを内蔵できるインターナル仕様になったこと。

このアップデートはCURE,ANGELINO以外7シリーズ全モデルに共通して加えられた部分になります。

今まではタイラップなどで止めていたリアブレーキワイヤーがフレーム内を通すことによってルックスがかなり綺麗になります。

それだけではなく、フレームにワイヤーが擦りにくくなるのでフレームの綺麗を保てるメリットもあります。

ピストもブレーキをつけることが当たり前になったこの時代に適した仕様変更ですね。


次は7シリーズに加えてCUREもフルカーボンフォークに。

これでアルミフレームモデルの全てがカーボンフォークになりましたね。

このアップデートのメリットは単純な総重量の軽量化だけでは無い。

フロント重量が軽くなることで初速の出しやすさが格段に上がります。そこからのスピードももちろん上がる。

10万円ちょいで買える完成車でフルカーボンフォークを採用しているのは721TRとCUREだけなんじゃないでしょうか。


最後は735TRと725TRにのみアップデートされた部分、ホイールのワイド化。

これは好みが分かれるところだと思いますが僕たちスタッフは大賛成。

正直、初めてピストを買う方にとってこの変化はさほど大きな物では無いと思いますが最近の自転車事情ではワイドリムが主流になってきています。

ワイドの方がタイヤの膨らみが大きくなるので走行時の地面とタイヤの接地面も大きくなります。

その結果より安定したライドが可能になります。これは通勤、通学やロングライドを目的としている方にかなり嬉しいと思います。


この3点が今回のアップデートの内容になります。

さらに今回YOUTUBEでもこのことについて解説させていただいておりますので

そちらも合わせてチェックしていただければと思います。

さらに良くなったLEADERでぜひ街を駆け抜けていただきたいですね。

今回入ってきたカラーについては少し前のブログにて紹介しておりますのでそちらもチェックよろしくお願いします。

REN

LEADER 735TR COMPLETE BIKE ¥203,500-INTAX

LEADER 725TR COMPLETE BIKE ¥165,000-INTAX

LEADER 721TR COMPLETE BIKE ¥110,000-INTAX

LEADER CURE COMPLETE BIKE ¥110,000-INTAX

LEADER ANGELINO COMPLETE BIKE ¥143,000-INTAX

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台

FEATURED PRODUCTS