ここ最近のMATEカスタム。

2021.05.15
Osaka

こんにちは、鳥山です。

本日のMATEはタイトル通り、最近オーダーいただいたMATEのカスタム案件について。

みなさんかっこいいカスタムをされているので是非みんなにも参考にしていただきたい。

MATEはハンドルやステム、サドルなどが主なカスタム部分になります。

言うならば見せる系のカスタムがメインになるとうことですね。

ただでさえ新しいジャンルのチャリなので、カスタムすればより一層目立ちますよね。

ではでは早速チェックしていこうかなお思います。

今回は2台紹介しようと思います。

1台目はJET GREYをベースにしたカスタム!

ブラックパーツをベースにカスタムしていますが、グリップとサドルにブラウンを差し色として入れています。

グレーによく似合う配色ですよね。そこにチラッと入れるシルバーがまた良い。

このグリップがかっこいいし握りやすい。

BROOKSのSLENDER GRIP CAMBIUMは定番のレザーロックオングリップをキャンバス生地で再構築したモデル。

レトロな質感も漂わせながら、かつロックオンなので新しい雰囲気もある。

価格こそそんなに安くはないですがずっと使えるグリップの作りをしています。


サドルはグリップと同じヨーロッパブランド、SELLE ITALIA MIRANOをチョイス。

本革を使用していて座り心地も良いのでMATEやピスト問わずおすすめのサドルのひとつですね。

何種か形や色、グレードもございますので気になる方はご相談ください。

最後はペダルの紹介。MATEの純正ペダルって折りたためる仕様にはなっていますが正直安っぽい。

ここを変えるだけでも一気に雰囲気は良くなるし、麺が広くなると乗り心地も良くなります。

色ものも多くございますのでフレームに合わせてお選びいただければ良いかなと思います。

次はもう一台を見ていきましょうかね。

こっちはMATT BLACKですね。一番乗ってる方も多いので是非参考にして欲しい。

こちらの方は完全にシルバー系で統一していますね。差し色は先の1台と同じブラウン系。

もうルックスはバイクのようですよね、サドルがいい感じに雰囲気を出しています。

このサドルはBROOKSといえばなクラシックな本革サドルですが通常のものとは少し違いエイジング加工がなされています。

おかげで既に使い込んだような風合いにもなっているし、サドル面もすこし柔らかめです。

後方のスプリングはより振動を吸収してくれ、MATEのリアサスも相まって全然しんどくない乗り味。

MATEにもってこいのサドルだと思います。

MATEでもやっぱりMKSのALLWAYSは人気です。

よく回るからノンストレスで足を回せるし、見た目もシンプルで邪魔しないのでオススメ。

シルバーとブラックの2色展開なのでお好きなカラーを選んでいただければと思います。

この方はチェーンまでカスタム!こう言うカラーチェーンへの変更もご相談いただければできる限り対応いたします。

シルバーからゴールドになるだけでこんなに変わるのってぐらいよく映えます。

いかがでしたか。

これからもカスタムできる部分の模索をしていきますので、カスタムのご相談は気軽に言ってください。

これらのカスタムも是非参考にしていただければと思います。

完成車:MATE-X COMPLETE BIKE ¥330,000-INTAX

REN

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台