これが僕のです。

STAFF BIKE

今日は気分転換がてらに僕(フジ)のピストを紹介しようかと思います。
僕の愛車というとCINELLI GAZZETTAが何度かブログで紹介されていましたが、そいつを降りて、年末に新しいやつ組んだんです。
これでAFFINITY Lo Proとの二台持ちが継続するわけですが、二台ともLEADER BIKESでもなければBROTURESでの取り扱いも無いフレームばかり。
“スタッフとしてどうなの?”と思われてもコレが僕なんですとしか、、、
お店での取り扱いが無いものを乗っていても大目に見てもらえるとこには本当に助かってますね。

では、大まかなスペックは以下に。
FRAME:PELOTON Original Aluminum
HEADSET:DURA-ACE
HANDLE:NITTO M186
STEM:NITTO NP
CRANK:MICHE PISTARD 2.0
CHAINRING:SUGINO MC144
SADDLE:FABRIC SCOOP
SEATPOST:NITTO
FRONT WHEELS:White Industries T11 × Stan’s NOTUBES GRAIL
REAR WHEELS:GREDDY MOHOAK HUB × Stan’s NOTUBES GRAIL
TIRE:TUFO CALIBRA LITE, TUFO CALIBRA

インスタとかに挙げてから「何のフレーム?」みたいな質問を結構もらいました。
なので軽く説明させてもらうと、下森製作所という主にNJSのフレームを作っているとこがPELOTON(プロトン)といった名前でフレームを作っているんですが、僕のフレームはそのPELOTONがクロモリでは無く、アルミで製作したフレームになります。
規格で言うとDOSNOVENTA MONTECARLOと同じでアルミフレームに1インチフォークを取り付けるようなタイプの物。
カラーは僕の好きな深緑に塗装したんで、ロゴとかは全部無くなってます。
フレーム単体重量は実測1120gとむちゃくちゃ軽いんで多少は軽さも意識して組んでみました。

お気に入りなトコを何点か。
まずフォーク。
20170124-img_9269
今では珍しい通称”二枚肩”
この形のフォークって探すとまぁ出てこないんです。出てきてもボロボロだとか昔のものだとブレーキ穴無かったり。
このフォークは新品だし、ブレーキ穴も付いてるしでわざわざ海外から取り寄せちゃった物。欲しくて仕方なかったんですよね。

次にクランク。
20170124-img_9266
海外では2016年9月に発売が開始されているMICHEの新作ダイレクトクランク。
もう頭でピストのことばかり考えてたりする人ならSNSとかではみたことがあるかもしれません。
これも夏くらいに海外のサイトでトピックとして上がってたんで、その時から発売を待ちに待って仕入れたもの。
いずれ日本にも入ってくると思います。欲しいって方は僕にでも声かけてください。
見た目はオムニウム同様な感じですがクランク裏側の削り出しだったり、独特の5ピンの仕様故に重量はかなり軽く、踏み心地も満足してます。
チェーンリングは自分の好きなMC144に変更してます。

そしてリム。
20170124-img_9276
このリム、ずっと使ってみたかったんです。
太いタイヤを履かすのが流行っていますが、それも含め、見た目、リム形状、重量諸々、使いたい理由が色々あったわけで、使ってみての感想は率直に”良い”。
このメーカーのリムって軽いことで有名なんですがこいつはその中でも最も重い460g。最も重いと言ってもこの重量は他のメーカーのリムと比較すれば軽い方。Stan’s NOTUBESのリムって柔らかい印象がどうしてもあったんですけど、このリムは重量と、リム幅のおかげでかなり剛性があります。リム幅も24mmと結構ワイド。それに加え、Stan’s NOTUBESはBSTという独自のリム形状。この独自の作りにより、23cタイヤを使おうとかなり膨らむわけです。なのでカッチリしつつ、安定感も抜群なホイールができちゃうんです。

大体はこんな感じかな。
ずっと気に入っているGREDDYやfabricはそのまま継承。
フレームジオメトリーも僕の手足にあったコンパクトな感じで乗り易い事この上なしなわけです。

僕の組む自転車ってパッと見はインパクト無いし、なんてこと無さそうな物が多いんですけど「拘り」といったものが詰まってます。
もちろん見た目も大切です。ですが、自分なりの拘りを詰め込んだほうが愛着は湧くものだと思いますので車体を組む時、カスタムをする時はその拘りを僕等スタッフにしっかりと伝えてみてください。

今回紹介した物も、僕の手には一年半以上前からありましたがやっと形になったという感じです。
金銭面であったり、パーツ構成がまとまらない事もあると思いますが、気に入ったフレームが在るならばそれだけでも押さえとくと組む楽しさが出ますよ。

何より、最近の店頭はのんびりしてますのでカスタム相談とかじっくり出来ると思います。
暇つぶしにでも来てみてください。お待ちしております。

フジ

FOLLOW

Related Articles