ハマってきたアナタに、自転車乗りの一冊

〜そうだったのか!ロードバイクの科学〜

みなさん本は読みますか?
BROTURES内でも本を手放せない活字中毒者から、全く読まない強者まで様々です。
かく言う自分は、SFやミステリーものの小説やラノベが好きだったりします。

今日はピストバイクにハマっていくと目にするであろう、自転車の気になる言葉や内容を
(ケイデンス、ダンシング、ジャイロ効果、ペダリング、ポジショニングなど)
楽しくわかりやすく科学的に説明してくれる一冊をご紹介します。


「そうだったのか!ロードバイクの科学」著者:ふじいのりあき

大きく分かれたテーマは
1.ロードバイクと”抵抗”の密接なる関係
2.より楽に走るための調整と漕ぎ方のヒント
3.より安全に止まるためのヒント
4.安全に曲がるためのヒント
5.限られたエネルギーとパワーを使うヒント
6.大人の自転車乗りへのヒント
7.自分でホイルを組むヒント

これをさらに細かく分けて、実験、データ化して分析結果を経験談を交えて面白く伝えてくれます。
著者自身は某自動車メーカーの開発・設計に携わるエンジニア。
面白いインテリメカオタクな人が、自転車本を書くとこうなるのか!という感じ。
タイトルにロードバイクとありますが、ピストに乗ってスキッドもしてたりするので結構好き。
総ページも175ページなので、軽い気持ちで手を出せるのもいいですね。
2008年に発行してから重版8回と反響が止まらない!と喜んでいるらしいです。

大阪の店頭では、言ってもらえればお貸しするので
ソファにでも座ってペラペラとページをめくってみて下さい。
またひとつ、自転車の楽しみが拓けるかもしれませんよ。

763
→お問い合わせはこちらから←
BROTURES OSAKA
03-6804-3115
osaka@brotures.com

imgres  insta-logo  imgres-1

2月はメンテナンスに来てくれた方にデカールをプレゼントしています!!そちらもどうぞ。

FOLLOW

Related Articles