Tire,Tube test Continental GP Attack

スタッフ中、誰よりも試したがりを自負しています、763です。

気になったパーツ、気になった事はやってみないと気が気じゃありません。

 

お客様とお話しているの中で

「フロントのタイヤとチューブを軽いものに替えたら、走りがすごく快適になった」

というのを耳にしました。

考えてみればそれは最もなんですが、その感覚が気になりました。

どう快適になるのか、何がどう変わるのか。

思い立ったら即実験、タイヤとチューブを交換です。

 

今、使っているのが、フロントに入れるのであれば間違いなくオススメのMICHELIN PRO3

チューブは一般的なブチルチューブです。

 

 それを今回、

耐久性に定評があるGATORSKINでお馴染みのCONTINENTALから

Grand Prix Attack というタイヤを選んでみました。

前輪専用に設計されていて、ハンドリング向上を狙った22Cという、主流の23cよりも少し細めのサイズ設定。

さらに路面情報をダイレクトに伝えるため、センター部分だけをスリックにデザインした、完全にスペック重視のタイヤです。

あと名前にも一目惚れしました。

 

チューブはフライライトチューブという

ブチルチューブ(化学合成ゴム)で最も軽く作られたチューブを使います。

ラテックスチューブという天然ゴムから作られる、レースでは一般的な最軽量チューブもありますが

コスト的に街乗りに向きではないので、今回はブチルを選びました。

ブチルとはいえ軽量な分、ゴムが薄いので

強度が少し心配されますが、もう好奇心は止まりません。

 

pro3よりもAttackはおよそ20g軽く、チューブはおよそ40g軽くなります。

60gというと卵1つ分くらいですが、その差はいかがなものでしょうか。

22cと23cの差で、街中の溝にハマったりしないものか。

 

次回、過度な期待はせずにご期待下さい。

FOLLOW

Related Articles