PHILWOODで感傷に浸る。

自転車で「このパーツ買ってよかった」と感じる時はいつでしょうか。
情緒的なパーツとはどんなものでしょうか。

ピストの面白くて楽しいところはやっぱり自分の好きなカスタムバイクが楽しめるところ。
納車した時からちょっとづつお金を貯めてカスタムしたバイクは、あの頃の新車の面影はもうなくて。
それからフレームを変えたり、気分転換にマイナーチェンジで新しいパーツ買ってみたり。
それでもPHILWOODのハブだけはずーっと無意識に使い続けています。


PHILWOOD

正直、初めから劇的な乗り心地の変化はありません。
気持ち、ヌルヌル地面を滑るような感覚。
新品の時の指紋をつけるのも憚られるようなピッカピカのポリッシュも、今では見事にくすんでしまいました。
駐輪場で雨ざらしにしてしまった日も少なくないです。

もうそろそろ10年くらい経つのかな。
そういえば一回もメンテしたことないなぁ。。だってまだまだ現役で回ってくれるんだもん。
真新しいパーツに惹かれて浮気しちゃっても、結局はここに戻ってきちゃうんだろうな。
「絶対に壊れない」という安心感は何にも代えがたい。
MASHや世界中のライダーがこぞってこのハブを使っている理由がようやくわかった気がします。

そんなPHILWOOD製品がようやく再入荷しました。
定番のCLASSIC HUBから最強のPRO TRACK HUBまで。
スタッフの愛用率も高めです。


案外ご要望の多いアウトボードBBもございやす。OMNIUMユーザーはマストじゃないかと。
BBとかヘッドパーツとかそんなに目立たないパーツこそ派手なカラー差したくなりますよね。



パッと値段を聞くとかなり高く感じるかもしれません。
取り付けたその瞬間から楽しいパーツですが、今すぐその値段の価値を体感したいのであればPHILWOODはオススメしません。
買ってから数年後、心から良かったと実感出来る、そんなブランドですから。

~PHILWOOD製品はこちらから~

toshi

BROTURES YOKOHAMA
神奈川県横浜市中区山下町73-2
045-877-0974
yokohama@brotures.com
12:00~20:00

友だち追加


FOLLOW

Related Articles