Chris King Ceramic Bottom Bracket

ご存じですか。

BROTURESでは最高峰の信頼度を誇るPHIL WOODのアウトボードBB。

その地位を揺るがすアイテムがあったことを。

 

クランクの話となると必ずその名前が出てくるダイレクトトルククランク。

BROTURES ORIGINAL RIP CRANKSET や SRAM/OMNIUM などが挙がります。

過去のブログにも登場していますが、取り付けて喜びの声を上げない方とは今のところ一人も出会っていません。

 

走りの快適さをワンランク上げてくれるダイレクトクランクを

さらにもう一段階上の走りへとシフトさせてくれるのがBB(ボトムブラケット)のカスタムです。

 

アウトボードBBのカスタムといえば

PHILWOOD OUTBOARD BB FOR GXP

精度の鬼、PHILWOODが提供するダイレクトトルク、チューニングパーツです。

徹底的に主張してくるデザインは、自信の表れともとれます。

 

こちらで満足できない方は

BROTURES別注 PHILWOOD OUTBOARD BB FOR GXP

はい、同じ画像です。

見た目は全く同じですが、中身が別物になります。

ベアリング部分を、PHILWOODの独自のカーボナイトベアリングに換装することで、異次元の回転性を味わうことができます。

その不気味なまでの回転力は、手で回すだけでも充分感じ取れます。

 

その対抗馬となるのがこちら

CHRIS KING  CERAMIC BOTTOM BRACKET FOR GXP

持続的な回転力のPHILWOODに対して、

CHRIS KINGは極限まで回転の抵抗を減らし、回転の軽さを追求しています。

それを可能にしたのがセラミックベアリングです。

 

通常はスチール球のベアリングを使うことが多い自転車パーツ。

そのスチール球をセラミックにすることで、強度、剛性、耐熱性、対摩耗性が飛躍的に向上します。

セラミック自体は、宇宙航空分野やスピードレースカーなどに使われていたりする程なので、

自転車における負荷や回転、熱や消耗などおよそ考え得る心配事はほぼ皆無といってもいいはずです。

5年保証と、豊富なカラーバリエーションも嬉しい限りです。

 

付属のBBをつけた状態で、踏み込みが軽く感じるとすると

PHILWOOD /BBは踏み込む次の足をふわりと持ち上げてくれる感覚。

BROTURES別注 PHILWOODは漕ぎだすと次から次へとペダルが自然に回っていく感覚。

CHRISKINGは踏み込むペダルに重さを感じなくなるといった感覚でしょうか。

あくまで個人的なフィーリングにはなってしまいますが。

 

トップスピードはギア比と足の回転次第なので、BBを交換しても決してトップスピードが伸びるわけではありません。

出したい速度までどれだけスムーズに、快適に加速させて、維持させてくれるのかがBBの仕事です。

お好みのBBはどれですか?

 

 

FOLLOW

Related Articles