今コアなスタッフ間で話題のフレーム”VIGORELLI”

「走るため」を追求したチネリの本気を感じざるをえない

キャラの濃いBROTURESスタッフの中でも
”爽やかイケメン風の自転車オタク”と勝手に僕が認識しているのが横浜店のトシ
いい写真を撮るし、すごく良いブログを書いてました、それがコチラ
チネリの「母」

あ、トシ今、まじでこのフレーム欲しいんだろうな。って思いました
そんな中、昨日の横浜のブログで投稿されたのが
僕は今、CINELLIが欲しい。

いや、正直かよ!って。笑

日々いろんな自転車、たくさんの情報に触れる中で
たま〜に「ピンっ!!」ときちゃうフレームだったり、パーツだったりがいます。
トシはそんな真っ最中なんですね、青春ですね。

青春してるトシを尻目に
大阪でもちょうどVIGORELLIカスタムバイクを組み上げていました


CINELLI VIGORELLI CUSTOM BIKE ¥235,000(税別)〜

組み方が似ててさすがに笑っちゃいました
フレームが「こうやって組んで欲しい!」みたいに主張してるんですかね、不思議です

狹く、テクニカルなコーナリングのコースを高速度で競い合う
もっともスリリングなオンロードレースが”クリテリウム”
その競技で使用されるフレームは、レースの回数を重ねる毎に変わってきました
軽量さを追求したカーボン、剛性を重視したアルミ合金系、
その変遷を経て、現在はスチール合金にカーボンフォークが台頭しているようです。

以下セットアップ


コンパクトロードドロップハンドル、THOMSONステム、シートポスト、


50ミリ以下のセミディープカーボンリム、

別のブランドですが、僕もスチール合金+カーボンフォークのセットで走ってます
アルミとは違う走り心地になかなか楽しませてもらっていますが、鉄フレームは路面への追従性が違います
ハンドメイドにはない、徹底管理されたファクトリーメイドのフレームをぜひ味わって欲しいです

Written by 763

ご予約に関しては、下記のテンプレートを使ってメールを送って頂くか、お電話を頂けたらと思います!
→ご予約はこちらから←

■希望車種
ブランド:
モデル:
カラー:
サイズ:
■希望カスタム
■納車方法(店頭・発送)
■お名前
■ご住所
■ご連絡先

→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←
osaka@brotures.com
06-4391-3313

FOLLOW

Related Articles