Q&A ピストバイクの選び方

BROTURESで販売している自転車のほとんどはピストバイク、シングルスピードと呼ばれる前後各1枚のギアをチェーンで繋いだ最もシンプルな構造の自転車です。スピードを出すことに優れ、壊れにくく、ファッション性も高い。通勤など移動手段としてデイリーユースして頂くのに最適な乗り物と考えています。
一括りにピストと言っても様々なモデルがあるのでどれを選んでいいのか分からないって方もいらっしゃるのではないでしょうか。これからピストバイクに挑戦してみよういう方のためにモデルの選び方を簡単にご紹介したいと思います。

①デザインで選ぶ

とっかかりは見た目から。デザインの好みで選ぶのが最もポピュラーな選び方です。フレームの形やカラー、ハンドルやホイールといったパーツ類の形状でビビッと来るものがあれば、そこが入り口です。BROTURESではインパクトあるエアロシェイプのLEADER BIKE、アーティスティックなDOSNOVENTA、前衛的なグラフィックのCINELLI、様々なデザインのピストバイクをご用意しております。どんな車体にせよ、満足して乗れる車体っていうのが良いですよね。

②予算で選ぶ

価格の高低は品質の優劣に比例するのはしようのないことですが、ズバリご予算で選んで頂いく方法もあります。BROTURESでは5万円台のCARTEL BIKESSE BIKESから100万円を超えるカスタムバイクまで幅位広いラインナップがあります。BROTURESで取り扱う全てのピストバイクはピストを愛してやまない私達の目で厳選した自転車です。ご予算に応じて安心して選んで下さい。自転車が初期投資を抑えて後々のカスタムを楽しむ。それもピストバイクの醍醐味です。

③素材で選ぶ

自転車選びに乗り心地や性能を重視するのであれば、フレームの素材に目を向けましょう。一般的なスポーツバイクのフレームに使われる素材にはクロモリ(鉄)、アルミ、カーボンがあります。クロモリは乗り心地が柔らかく、寿命の長い素材です。アルミはクロモリよりも軽く、乗り心地は硬い素材です。反応が良くスピードが出しやすい素材でスポーツバイクでは最もポピュラーな素材です。カーボンは軽量性の面で更に優れ、振動吸収性を高めたり剛性を高めたり様々な特性のフレームを作れる素材です。

④設計で選ぶ

フレームの設計のことをジオメトリーと言います。素材同様にフレームの性質を決める要素なのでジオメトリーを見比べて選ぶのも良いと思います。各チューブの長さや角度によって直進で安定感があったり、逆にクイックに曲がったり特徴があります。ちょっと上級者向けの選び方かもしれません。また、モデルによってはサイズ展開が少いものもあるので、シートチューブ(立パイプ)とトップチューブ(上パイプ)の長さをチェックすると安心です。

⑤用途で選ぶ

BROTURESで販売しているピストバイクの多くは通勤などデイリーユースをメインに考えています。一括りに街乗りと言っても使用頻度や走行距離、走行条件は様々。坂道が多かったり、路面が荒れていたり、風邪が強かったり。そんな使用用途にぴったりなピストバイクを選ぶにはカスタムオーダーが最適です。BROTURESはオーダーメイドが可能なショップです。専門のスタッフが丁寧なヒアリングから最適なアドバイスをしてくれるでしょう。まずは勇気を出して問い合わせてみて下さい。

お問い合わせはお近くのBROTURES YOKOHAMA 又は BROTURES ONLINEまで

 

ご予約、お問い合わせに関しては、下記のテンプレートを使ってメールを送って頂くか、お電話を頂けたらと思います!
→ご予約はこちらから←

■希望車種
ブランド:
モデル:
カラー:
サイズ:
■希望カスタム
■納車方法(店頭・発送)
■お名前
■ご住所
■ご連絡先

下取り+ローンの合わせ技で賢く新車が購入出来ます。詳しくはこちらのブログから

yokohama@brotures.com
045-413-7875
[BROTURES YOKOHAMAまでの道のりブログ]

FOLLOW

Related Articles