MAQLI TOKYO 競輪ライクなアーバンスタイル

改めてその良さが見直されている“鉄”のフレーム。
アルミに比べて重量はややあるものの鉄特有のしなりによって加速する気持ちよさにハマる方が増えています。DOSNOVENTACINELLI、MASHそうですが、時代の先行くブランドはこぞって鉄のプロダクトを新たに発表しています。アルミからスチールへ時代の変化を感じずにはいられません。
そして今週から来週あたり遂に到着しそうなAFFINITYも。大阪店はにわかに鉄のピストバイクが賑わいをみせています。


AFFINITY LO PRO FRAMESET ¥83,000-

そんな中到着したのがMAQLI TOKYOというブランド。大阪初上陸です。


MAQLI TOKYO FRAMESET/¥160,000- BIKE ORDER/¥260,000〜

ハンドメイド・イン・ジャパン。日本でもトップレベルの溶接技術を持つ鶴岡レーシング制作のクロモリフレームです。鶴岡レーシングはNJS認定の”ボンバープロ”を製造しています。競輪用のフレームが作れる数少ないビルダーでカイセイのクロモリチュービングを使用した贅沢な1本です。

もともと生産数が少なく日本国内にはあまり出回っていないフレームですが、特別一本だけ仕入れる事が出来ました。

オトナのコミューターサイクルをコンセプトに、競輪で鍛えた技術をアーバンに落とし込んだMAQLI TOKYO。
特徴は製造過程だけでなく、考え抜かれた設計にも表れます。

“マクリ”という競輪用語があります。

最終コーナーで一気に追い抜く花形選手とクルマや電車をかわし、東京の街を駆け抜けるコミューターを重ね合わせた”MAQLI”の設計。切り立ったシート角は加速力を生み出し、短めのトレイルは渋滞を切り裂く機敏性をもたらします。図らずも今主流のクリット系ジオメトリーに近い設計してるのが面白い。

本物を知る職人が本気で街乗りを作った。それがMAQLIです。
もちろん前後にブレーキ穴を完備しているので、道交法もクリア。日々の通勤にスマートに使えるバイクです。

競輪ライクなフレームを探していたという方は必見。アルミから鉄へ。そんな今だからこそ見直してもらいたい日本の宝です。

JUNKI

→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←
osaka@brotures.com
06-4391-3313

 

ご予約に関しては、下記のテンプレートを使ってメールを送って頂くか、お電話を頂けたらと思います!
→ご予約はこちらから←

■希望車種
ブランド:
モデル:
カラー:
サイズ:
■希望カスタム
■納車方法(店頭・発送)
■お名前
■ご住所
■ご連絡先

imgres  insta-logo  imgres-1

FOLLOW

Related Articles