“NEO COMMUTER” CINELLI MASH BOLT

社長秘技”鶴の一声”。先週のミーティングでの一幕。うちもいっちょ前にMTGとかしてます

「ゴリゴリだよね~。男らしすぎるっていうか。コミューターとか作ってみたら?」

「うっす!」

てなもんでビルドしたのがこちら。

コミューター(通勤者?車?)と聞くとクロモリフレームを想像してしまいがちですが、今回はアルミフレームで提案してみようかと。ちょっと天邪鬼な部分が出てしまいました。
でもどうでしょう?意外にありじゃないですか?笑

コミューターカスタムの定義ってなんだろう?広く言えば通勤に使う事ができればオッケーなので道交法さえ守っていれば大丈夫かも。
もう少し掘り下げると、毎日快適に使えるって事がポイントなのかな?タフで、ラクで、ちょっと荷物が詰めたら最高。

ピストバイクが故障が少ないタフな乗り物なのは言わずもがな。コミューターに最適な乗り物だと考えています。
ですが基本的には前傾姿勢をつよくとります。そこはハンドルで解消。今回はSOMA OSPREY BAR ¥9,500-を選びました。このハンドルは握りが手元に帰ってくるので前傾姿勢が少し解消されます。安定感もあって乗っててラク。
前傾を解消したければ、ライザーバーもオススメですが、こっちの方が雰囲気でるでしょ?笑

ちょっと荷物が積みたかったら、こんなスタイルは如何でしょうか?
荷物を積む手段は割りと色々あって、カゴを取り付けたり、ハンドルやフレームにバッグを取り付けたり。今回はラックを取り付けて荷紐で縛るスタイル。
お手持ちのバッグや急にできた大きな荷物も運べるように。
ADEPTのポーターラック(¥4,900-)はシンプルなデザインも良い感じですし、かなり軽量な部類のラックでハンドルを取られる心配もありません。そして価格も良心的なのでラックビギナーの方にも取り入れやすい商品かなと思います。

てな感じでBROTURES OSAKAが提案するコミューターカスタムでした。
もちろんこのようなカスタムはBOLT以外のフレームでも対応できます。既に乗っているバイクをカスタムしたいとか、お気軽にご相談して下さい。

ちなみに今回カスタムしたCINELLI MASH BOLTは最後の在庫がもう少しだけ残っています。ストリートピストとしては最高峰のフレームですし、今後手に入らないプレミアムな1本です。フレームセットで¥125,000-。完成車のオーダーは¥225,000から承っております。
こちらも気になる方はお気軽お問い合わせ下さい。

JUNKI

→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←
osaka@brotures.com
06-4391-3313

 

ご予約に関しては、下記のテンプレートを使ってメールを送って頂くか、お電話を頂けたらと思います!
→ご予約はこちらから←

■希望車種
ブランド:
モデル:
カラー:
サイズ:
■希望カスタム
■納車方法(店頭・発送)
■お名前
■ご住所
■ご連絡先

imgres  insta-logo  imgres-1

FOLLOW

Related Articles