店主の備忘録。これがうちの鳴海です。

2018.01.16
Osaka

不定期でお届けする店主のメモ書き。
今回からはBROTURES OSAKAに巣食うのユニークなスタッフについて。

普段はAYUMUばかり目立っていますが、他にもいます。笑
うちのメンバーはBROTURES史上もっとも充実したスタッフが揃ってるって噂らしい。ぼくは知らなけど。
たまにはそんなスタッフにスポットライト当ててみましょう。順番は年功序列でいきますね。一発目はうちお局。

https://www.instagram.com/s_narumi0763/

鳴海先生。僕の先輩。メカ長。困ったときの鳴海さん。鳴海さんで直せなかったら、BROTURESでは諦めてください。
BROTURES最古参のスタッフであり、大阪店オープンの時のオリジナルメンバー。
知識や技術もそうですが、なによりモノとモノ作りへの情熱はBROTURESで右に出るものはいない。そんな人です。
テクニカルなご相談は彼にお願いするのが良いでしょう。必ず心強い味方になってくれるはずです。

青森とかそっちの方で生まれ育ち、前職はハーレーのメカニック。
最近は割りとマシだけど朝にクソほど弱く、内蔵も弱め。見た目は怖いがご飯は必ずサラダから。甘いものが好きだけどカロリーも気なる。ついに自炊を覚えたお年頃の乙女。
腕に目玉のタトゥが入ってるのに好きなタレントは吉岡里帆。関係ないか。

弘法は筆を選ばずといいますが、いいメカニックは工具に拘ります。
モノ好きが過ぎて最近ではオリジナルのレンチまで作ってしまいました。これがけっこう大人気。
こないだまで完売していたんですけど、再入荷してますので欲しかった人はこの機会にぜひ。

そんなパイセンが乗るチャリは、最近組み替えた最新モデルのKAGERO。詳しくはブログをチェックしてみて下さい。
CORIMAのホイールだったりENVEのパーツだったり、お馴染みの地獄のようなアッセンブル。なにより懲りもせず3本目のKAGEROをゲットする感じね。。笑
どんだけ好きだよ!って同業者として思います。笑

メカニックってのは主に自転車を組み付けたり、修理したり、カスタムや悩みの相談に乗ったり。お客さんと自転車のより良い関係を作ってくれる人たちです。

大阪店は鳴海を筆頭に特にメカニックが充実しています。それはBROTURESの他の店舗と比べてもちょっとだけ自信があるところだったりします。
ブログとか読んでちょっと興味が湧いてきたら、関東の方でもぜんぜんお気軽にご連絡ください。遠くて来れなくてもご相談に乗りますよ。
電話でもメールでもどんと来ちゃって下さいな。

JUNKI

→お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ←
osaka@brotures.com
06-4391-3313

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台