遊び心で観せる洒落バイク。

2021.06.19
Osaka

こんにちは、鳥山です。

本日のブログは先日僕が担当してご納車させていただいたオーダーバイクについて。

洒落たカスタムでみんなにも紹介したいようなかっこよさだったので紹介していきます。

今回この車体をオーダーしてくれたお客様は現在CINELLIのTUTTOに乗られている方で

TUTTOの仕様変更を気に2台目ピストを今回オーダーしてくださりました。


その2台目に選んだフレームはAFFINITYのLOPROになります。

今季のカラーの中で一番パキパキのカラーをチョイスするあたりが物好き感伝わってきますね。

僕も好きなこのカラーってみんな結構カスタムしづらいと思いがちですが僕は逆で。

何色を入れても馴染むフレームカラーだとおもいます。

全体はこんな感じ。派手だけどなんか落ち着いているって雰囲気。

ではではパーツごとに見ていきましょうかね。

人気の手組みホイールの組み合わせですね。AT-25とGRANCOMPEのセットになります。

この組み合わせは本当にコスパがよくて軽いし強いしよく回る組み合わせです。

ベアリングにもしガタが来てもBOREDのベアリングなどをチューニングすればさらによく回るようにすることも可能。

ハンドルとステムはNITTOとBLUE LUGのコラボアイテムを合わせて入れておりますね。

このハンドルは僕も好きな形です。フラットだけど持ち手がやや後ろに引いていて楽に握れる。

ハンドルクランプが25.4なので細身のクロモリフレームにもよく似合うものになっております。

そこに合わせるこのMT-31ステムはハンドルとフレームのマッチ具合をさらに上げてくれる形になっている。

ハンドルもコラムも一点留めになっていてこの上ないシンプルさがかっこいい。

それでいてコラムサイズが1インチアヘッドになっているのでLOPROにドンピシャ。もはやこれ用です。

シートポストは途中でアップチャージされました。THOMSONの通常よりちょっと短いやつ。

これにした理由は側面にあるTHOMSONのブランドロゴの関係ですね。

このちょっと短いモデルは通常よりもロゴ位置が上にあります。理由はそもそもあまり出すつもりで作っていないから。

なのでLOPROのようなフレームにつけてもよく似合うというか最小限でロゴが見える良さがありますね。

その他細かい部分もNOVACORONAコグやPHILWOODヘッドセットなど拘られていて

さすが2台目って感じの最短で完成形に持っていく感じがよくわかってらっしゃると思います。


いい仕上がりですね。

今回のこちらの車体、YOUTUBEでもご紹介させていたいておりますので

合わせてチェックしていただければと思います。

フレーム:AFFINITY LOPRO FRAME SET ¥97,900-INTAX


REN


BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台

FEATURED PRODUCTS