全部違うのにバラけないフレーム。

2021.05.17
Osaka

こんにちは、鳥山です。


最近はアルミフレームが多く納車されていてこいつの存在がやや薄れていっているのではと思う今日この頃。

一眼見てわかるほどの特徴的な設計とカラーリングのクロモリフレーム、そうLOPROです。

こいつの圧倒的なパシュートは他にない存在感がありますよね。

ちょうど昨日YOUTUBE LIVEで藤本がクランクをバラしていた車体もこいつ。

昔から変わらずブランドのイメージとして存在し続けるこのフレームはやはり常に人気が高い。

そんなフレームのオーダーが最近ございまして。

しかも中々に派手に仕上がっており、僕個人ではここまで色を入れたカスタムは初めて見ました。

それがこちらになります。

このカスタムを見て思ったのが「全然ガチャついていないやん」

フロントハブとリアハブは違う色だしヘッドパーツもまた違う、クランプのまたどこともリンクしていない。

こんなに全部違うのにこんなにまとまって見えるのはこのフレームのおかげなんだなって思います。


パキパキに濃いブルーをベースにネオンのようなグリーンでロゴだザインが入れられている

このMUTANT BLUEだからこそできる荒技。

これまた一つのいいサンプルになっていると思います。

ではでは、近づいてチェックしていきましょうか。

前後のホイールは生産終了になったHED.のBELGIUMで手組みオーダー。

ハブはPILWOOD、フロントはブルーのローフランジでリアはパープルのローフランジにされています。

このリムはちょうど本日最後の入荷が奇跡的にあり、入荷数などはインスタグラムの方に告知させていただいております。

クロモリフレームの醍醐味、ヘッドパーツのグレードアップ。

クロモリフレームには圧入タイプのヘッドセットがよく採用されます。

圧入タイプだとフレーム問わずヘッドセットの精度で回転性や耐久性が決まるのでいいものにするのがマスト。

CHRIS KINGはヘッドセット界のまさにKINGと思っていただいていいブランド。

迷ったらとりあえずこいつを選んでおけば10年は難なく回ってくれるでしょう。

そしてもうひとつ、ピストにおいて大事なパーツといえばクランクですね。

SUGINO 75 DD2を入れられておりますね。

クラシックな風貌ながら規格はダイレクトクランクという、いいとこ取りなクランク。

LOPROのような細身フレームにももちろん似合うし今主流のアルミフレームにもバッチリ似合う。

現在最も高級なクランクセットです。

いかがでしたか。

他のパーツもNITTO、THOMSON、SRAMなどいいブランドばかり。

さすが3台目と言いますか、パーツを知ってるからこそのこの組み方だと思います。

今までとはまた違ったルックスに組んだこちらでバリバリ走っていただきたい。

メンテなどまたお待ちしていますね!

フレーム:AFFINITY LOPRO FRAME SET 97,900-INTAX

リム:HED. BELGIUM RIM -28,600-INTAX

ハブ:RHILWOOD LOW FRANGE HUB ¥32,780-INTAX~

ヘッドセット:CHRIS KING NTS 1INCH HEADSET ¥24,200-INTAX

ステム:THOMSON ELITE X4 STEM ¥12,100-INTAX

シートポスト:THOMSON ELITE SEATPOST ¥12,100-INTAX

クランク:SUGINO75 DD2 CRANK SET ¥102,300-INTAX


REN

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台