大阪的"御三家"ハイグレードブランド。

2021.04.20
Osaka
BROTURES Osaka

こんにちは、鳥山です。

今日から急にあったかくなりそうな天気予報が出ていますね。

なにやら今日は二十四節気の「穀雨」らしいです。夏が近づいていますね。

ということで話はピストに。本日はパーツの紹介をしようかと思います。

タイトル通り数ある現行ブランドの中の御三家と言ってもいい最強の3ブランドをご紹介。

どれもドリームビルドと呼ばれる夢のカスタムに選ばれることの多いパーツたちです。

一つ目は"SUGINO"より75DD2 ダイレクトクランク。

SUGINOはジャパニーズブランドでトラック競技パーツを作るビッグメジャーブランドですね。

その中でも75シリーズはずーっと売れ続けている。海外ライダーにも人気です。

そしてこのDD2はSUGINO 75をダイレクトクランク化し、より強く踏める仕様にしたモデルです。

クランク形状は75のルックスを損なわずにスッキリとしたシルエット。

SHIMANO系ホローテックを採用したOBB規格なのでPHILWOODにアップチャージも可能。

前作の異音問題も解決して言うことなしのクランクとなりました。

価格こそ高めの設定ですがその代わりにSUGINO 禅チェーンリングがSETになっており

歯数もオーダー時に選ぶことができるのでチェーンリングに悩む必要がありません。

スキッドなどにも強いので街乗り最強のダイレクトクランクだと思います。

2つ目は"ROTOR"より同じくクランクですね。

こちらは先の75DD2と比較するとより走りを意識する人にオススメなクランク。

同じダイレクトクランクですがスパイダーとアームが分離式になっていたり全てがアルミでできていたりと

極限まで軽さを追求した物になります。その分野や繊細な部分もあったり。

BBシャフトは直径約3mmと太めの設計で、アルミでも強い踏み込みに耐えれる仕様に。

完全アルミ削り出しなのでスパイダーもめちゃくちゃ薄く作られています。

BBはWISHBONEのものがカスタム可能となっております。

このクランクは全てが別売りになりますのでチェーンリングが好きなものに出来るメリットがあります。

流行りのDIGIRITやそれこそSUGINOのチェーンリングをつけてもカッコいいし性能もいいです。

ごく少数ですが在庫分のご用意ができそうなので気になっていた方は今がチャンスです。

最後の3つ目はカーボンといえばこのブランド"ENVE"よりハンドルを。


やっと到着しましたね。ENVEコンポーネントが。

あまりの人気とこの世界的状況が重なりオーダーか届くまでマジで1年近くかかりました。

それでも全部来たわけではないんですけどね。でも本当、このブランドは待ち甲斐があります。

これほどまでのカーボン製品を作るブランドは他にはないと思います。

恐ろしく高い剛性、それなのに軽いしそもそも仕上げが超綺麗。そりゃみんな欲しくなるわ。

オーダーのほとんどが予約分だったので在庫として店頭に入ったのはこのロードドロップ1本のみとなります。

サイズは400mmで形状はコンパクト。一番人気のモデルですね。

日本人体型に合うので今回の予約オーダーMの全てこのサイズでした。

そもそも店頭にあるのが奇跡なこのハンドル、完全早いもの勝ちですのでよろしくお願いします。

合わせてバーテープもENVEにするのがベストですね。

以上パーツ御三家でした。

このブランドは今後もおそらく廃ることのないブランドなのでカスタムで困っている方は是非参考に。

SUGINO 75DD2 CRANK SET ¥89,100-INTAX~

ROTOR ALDHU SPIDER/ARM/OBB ¥67,980-INTAX

ENVE ROAD COMPACT BAR 400mm ¥51,480-INTAX

ENVE BARTAPE black/grey/white ¥4,994-INTAX

REN

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com