僕が乗る735TRまでの道のり。pt.2

2021.11.22
Osaka

こんにちは、鳥山です。


はい、もう1週間経ちましたね。早い早い。。

パーツ選びってやっぱり難しいというか悩むというか。なかなか決めれなくて毎日ぐるぐると頭を回しております。

今回は主要パーツじゃなくてサブパーツを先出ししていこうかなと。

僕の乗る735TRがホワイトということもあり今回はシルバーパーツを多く使っていこうと思っています。

ホワイトとシルバーの配色って綺麗じゃないですか?最近シルバーパーツによく目を奪われる。

てなわけで僕が735TRにつけるべく選んだシルバーパーツを見ていきましょう。

一つ目はブレーキキャリパーです。

CAMPAGNOLO CENTAUR SILVER BRAKE SET ¥9,350-INTAX

カンパニョーロのローコストブレーキキャリパー。カンパで唯一シルバーカラーが存在するモデルになります。

最近はシルバーパーツを辞めていくメーカーがほとんどでこう言ったパーツは選択肢がかなり少なくなりました。


シンプルなロゴデザインで余計なクセもなくクラシックな雰囲気が僕的にかなり好き。

ゴツゴツしていないのもフレーム問わずに似合いますね。ブレーキシューの部分までシルバーなのが嬉しい。

老舗だからこその安心の設計なのでローコストながらちゃんとしているオススメのブレーキです。

もう一つはペダルですね。僕はずっとトゥークリップを推している。

MKS SYLVAN ROAD NEXT PEDAL ¥8,195-INTAX

MKS FIT-α 2バックルストラップ NJS ¥11,550-INTAX

MKS ディープツイン 鉄クリップ ¥2,640-INTAX

この組み合わせは足のサイズが大きい僕の中で最高の組み合わせ。

三ヶ島のシルバンNEXTシリーズはマジでコスパがよくて。この価格帯で出していい回転性ではないです。

トリプルシールドベアリング搭載ということで、それは単純にベアリングが片側に3つも入っているということ。

そうすることでペダルは恐ろしく回るし3つに負荷が分散するのでガタらずに長く使っていける。


このロードNEXTは面がトラックNEXTより広めに設計されているので足が大きい人やしっかり全体で踏みたいって人にはもってこい。

シルバーとブラックの2色展開ですが僕はその両方を使っています(笑)

それこそがみんなにおすすめする1番の証拠なんじゃないかなと。シルバンNEXTシリーズはどれを選んでも間違いないです。

チェーンもシルバーにしようと思ってるのでそこはやっぱりHKKのVERTEXでいこうと思います。

NJS認定のHKKやIZUMIはやっぱりしっかりしていてずっと使っていきたいパーツになります。

こんな感じで今回は終わろうかなと思います。

サブパーツたちもピストにとってはとても重要な部分になりますのでみんなにもここまで拘っていただきたい。

次はハンドルかな?ホイールかな?乞うご期待ということで来週もよろしくお願いします。

REN

完成車:LEADER 735TR COMPLETE BIKE ¥203,500-INTAX

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台

FEATURED PRODUCTS