Fリムの選択肢を見てみよう。

2022.04.10
Osaka
Ren Toriyama

こんにちは、鳥山です。

先日開始しましたFリムの受注会。期間は4/17まで。

毎回多くのオーダーを頂き有り難いばかりでございます。

僕も次はどんなのをオーダーしようかなとか考える毎日です。笑


今日はそんなオーダーに悩まれている方、決めきれていない方へ

Fリムの各デザインやリムハイトなどを写真で見ていこうと思います。より想像をリアルにするために。


今回の受注会でオーダーできるカーボンリムのデザインは全部で4つになります。

通常モデルが3K、網目の大きい12K、網目のないシンプルなUD、そして新デザインのマーブル。

早速一つ一つ見ていきましょうか。


まずはベーシックな3Kから。


写真のモデルは上が35mmハイト、下が55mmハイトになっておりどちらも店頭で見れるサイズになります。

ベーシックですが結局カーボンといえばこのデザイン。

digiritのカーボンチェーンリングとかとリンクさせてこれをつけるのもかっこいいです。

次に12K。3Kより表面の網目が大きいデザイン。

この方は35mmを選ばれていますね。チェックのようなデザインがかわいい。

こういうデザインも昔からブランドが出していたりするのでそういうのが好きな方にオススメ。

リムハイトが大きくなればかなりのインパクトになりますよ。

シンプルな無地デザインUDはこんな感じ。

このデザインはBROTURESのSHREDシリーズやT3PROなどにも使われているもの。

網目がない分主張が少ないので全体のルックスをシンプルにまとめたい人やマットのな質感が好きな人にはこれ。

1番どのフレームにも似合うのもこのデザインだと思います。

上の25mmハイトと下の40mmハイト、リムハイトだけで雰囲気はここまで変わります。

そして最後、ニューカラーのマーブルの紹介。

今回よりオーダーが可能になりましたマーブル。全体に外にモヤモヤが伸びたようなデザインになっています。

個人的にはこのデザインが1番好きですね。なんか強そう(語彙力)

こういうデザインはあまりメーカーも出さないので個性を出したい方にはめちゃくちゃいいかと思います。

僕も次はこのデザインで行こうと思っていますがリムハイトどうしよう、、、、


こんな感じですね。

デザインが変われば見せる顔もガラッと変わるのでここはバチッと好みをぶつけていただきたい。

リムハイトなホール数、タイヤの規格(チューブラーorチューブレスクリンチャー)なども細かく決めれますので

その辺りは気軽にご相談ください。よろしくお願いします。

REN

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com

Ren Toriyama
BROTURES Osaka

FEATURED PRODUCTS