LO PRO乗ってる人間が組むカスタムサンプルLO PRO 2022

2022.06.18
Osaka
フジ

本日18日より発売開始のAFFINITY。

入荷数が毎度のことながら少なく、早期完売が予想されるので良いなと感じたら迷わず購入に踏み切るのが吉。

大阪店でもカスタム組んでみました。

実際にずっとLO PROに乗っている自分(藤本)がオススメする感じで組んでみました。

LO PRO "Champagne Money" ¥97,900-

今回の入荷で個人的一番はこのカラー。

画像だと伝わりづらいけど現車はもう少し深い緑って感じです。

シルバーパーツで組むのもカッコ良さそうだなとか妄想膨らませつつ、全く逆のブラックパーツベースで。

LO PROってこの強烈な前下がりが特徴であって、昔はブルホーンとかで攻めてるスタイルがかっこいいと思ってましたが、実際自分が乗り出してお客さんに勧めるならやっぱりライザーベースの方が乗りやすいよなってことでライザーカスタムに。

今回からヘッドチューブ規格がOSに変更され、色々なヘッドパーツ選択が可能になりました。

でもやっぱりここはCHRISKING。PHILWOODやWHITEINDUSTRIESのようなUSAブランドももちろんかっこいいけどこの"THE"って感じはCHRISKINGなんじゃないかな。

でもって前下がりフレームに対して上向きのステム。これが乗りやすさを出してくれるし、THOMSONは無難にカッコ良し。

足回りはAFFINITYのクランク

これはAFFINITYユーザーが使うべきクランクですよね。SUGINO75とかもかっこいいし、ここのカスタムで回転性とか変わってはくるんだけど、デイリーユースで考えればこいつでも十分に使っていけるし、何よりチェーンリングのデザインとか含めかっこいよね。


ホイールはWIVERとMACKの組み合わせの手組みホイール。

SIM WORKS別注のPeregrine Spokeというブロンズゴールドのような独特な色味の物で組んでます。

良い感じにフレームカラーとマッチするし、どうしてもどこかにカラーを入れていきたい自分は今回ここに。

あとはハブに入るアルカンシエルとかもさりげなくね。

タイヤはサイドスキンでちょっとブロック調な物を。

自分のLO PROはフロント26C,リア32Cで乗ってますが、今回は前後28Cにて。

タイヤクリアランスが今回の入荷から拡張されたことで35Cまで取り付け可能となってます。

ただ、街中で乗る上で32C履いて乗ってるとやっぱり重さを感じるのも事実。

せっかくピストらしくあるフレームでスピードというか走行性考えると28Cくらいが案外ベストなんじゃない?って思ってたり。

まぁ結局は個々の自由であってゆったりのるなら最大まで行っても良いんですが組む上での参考までに。



今回は自分なりのオススメでカスタム組んでみてますが、LO PROって組んで個性出る車体。

見た目的にビュンビュン飛ばせそうな割りに、漕ぐと案外そうでもなかったりクロモリ車体な割に剛性感感じるカッチリ感だったりと乗ってみて感じる面白さもあるフレームです。

自分のLO PROはラックつけて、フェンダーつけてゆるノリな感じになってますが、そんなカスタムもバッチリはまるフレームでもあります。

今回のカスタムの他にもインスタや他店舗のブログなどもみてみると良いかもですね。

では。


フジ

BROTURES OSAKA

大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com





フジ
BROTURES Osaka