カメレオンとはこいつの事。

2021.03.20
Osaka

こんにちは、鳥山です。

本日は今期のAFFINITY LOPROの中でも異彩を放つカラーリング"MUTANT BLUE"をカスタム紹介。

このフレームは一見すると遊びにくそうと思われる方も多い配色。

ところがどっこい、僕からすれば色んな色が合わせられる絶妙なカラーリングだと思っています。

俗に言う"カメレオンフレーム"ってやつですね。

前回、僕が一発目に組んだ時はグレーとパープルを合わせて毒毒しい雰囲気にしてみました。

あれはアングラ感が出て攻めた印象に仕上がったのでかっこよかったです。

では今回はどんな感じにしたか。見ていきましょうか。

夜のキラキラした街に走りたくなるようなラグジュアリーテイストなカスタムに。

上はシルバーパーツ、下側はブラックを調にゴールドをちらりと織り交ぜました。

アメリカンブランドVELOCITYとGRANCOMPEトラックハブの手組みを前後にセット。

VELOCITYのA23は適度なリムハイトなので主張しすぎず使いやすいリムですね。

GRANCOMPEもトラックハブは手頃な中で不安要素無く走ってくれる良いハブです。

カラーもご用意あるので手頃に手組みを使ってみたいならオススメの組み合わせになります。

上半分はシルバーでまとめてみました。これが車のライトや街灯で輝くのを想像すると綺麗ですよね。

NITTO FOR SHRED BARはBLU LUG別注の人気ライザーバー。

入荷数は各カラー5本までと制限が設けられるぐらいの人気具合なのでいつも即完です。

ステムはTHOMSONのX4をチョイス。0度と言う角度はこう言うフレームにはよく合う。

攻めた前傾フレームなので、ルックスもそうですが乗りやすさが上がります。

シートクランプもブランドを合わせて統一感を出しております。こういのが好きなんです僕(笑)

シートポストはCINELLIのクラシックなVAI FOLLIというモデルに。

このシートポストはかなり短めの作りになっているのでLOPROのようにあまり出さないフレームには打って付け。

金額も1万円以下と手頃なところがまたいい。シンプルイズベストってやつです。

いかがでしたでしょうか。

遊びがいのあるフレームはカスタムにも力が入ってしまいます。

まだ数本こちらのフレームは残っておりますので、ぜひ今期のこのカラーに乗っていただきたい。

色の組み合わせなら僕に任せてくれればバッチリ配色決めさせていただきますので。

ご相談待ちしております。

フレーム:AFFINITY LOPRO FRAME SET ¥97,900-INTAX

ヘッドセット:PHILWOOD 1INCH HEAD SET ¥25,080-INTAX

ハンドル:NITTO FOR SHRED BAR ¥8,140-INTAX~

ステム:THOMSON ELITE X4 STEM ¥12,100-INTAX

シートポスト:CINELLI VAI FOLLI SEATPOST ¥9,900-INTAX

シートクランプ:THOMSON SEATPOST COLLAR ¥4,840-INTAX

ホイール:VELOCITY × GRANCOMPE TRACK HUB

FRONT ¥27,500-INTAX , REAR ¥28,600-INTAX

クランク:AFFINITY ORIGINAL CRANK SET ¥30,580-INTAX

サドル:FABRIC SCOOP ELITE SADDLE ¥9,350-INTAX


REN


BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台

FEATURED PRODUCTS