"735"鳥山が乗ってみて思った事。

2022.08.03
Osaka
Ren Toriyama

こんにちは、鳥山です。

先日僕が組ませて頂いたLEADER 735も乗り出して早半年が経ちました。

自分の愛用しているKAGERO,VIGORELLI steel,クロモリフレームの3台との乗りわけで色々意識しながら走ってみました。

それぞれカスタムのテーマが違うので絶対にこうとかは無いですが、僕なりの乗ってみた感想をお伝えしたいと思います。


まずはこちらが僕が乗っているLEADER 735の全体像。

パールホワイトのフレームにシルバーパーツをちらっと入れたシンプルなルック。

でもフレームのエアロとSHRED88のディープ感のおかげで存在感はめちゃくちゃあります。

僕は身長が180cmという事でこちらのサイズはLサイズになります。

LEADERはホリゾンタルなのでLサイズだと173cmから185cmぐらいまでの方が乗ることが可能になります。

専用シートポストがセットバックなので、僕は100mmのステムにブラケットで伸ばして乗っています。ブラケットなしなら110か120mmが良さげでした。

乗って1番大きく感じたのは"すんごいまっすぐ走るな"って印象でした。

LEADERのフォークはオフセット28°とピストでよく採用されている35°よりも7°立っているのが特徴。

それはハンドリングに大きく関わってきまして。

トラックバイクは元々は大きな楕円状のトラックを走るためのものなので、あまり曲がることは考えていない。


実際、直線を走っていてもまっすぐ走っているようで本当は緩やかに蛇行しているのが乗り物の進み方。

そうやってバランスを取ることで2輪で走れるわけですから。

LEADER 735はハンドルが少し左右に切れた時にまっすぐ前に戻されるような感覚がありました。


その辺はトレイル値などの関係もあるので文章で説明するのは難しいので、気になる方は是非お店にある試乗車を乗ってもらいたい。

とにかくハンドルを切っても車体がハンドルを前向きにぐっと戻してくれる感覚が強かったです。

735が直線番長って言われるのがよく分かりました。

LEADERはやっぱりSHRED88との相性がいい。

これも乗って強く思いましたね。さっきのフォークの話と被りますがこの組み合わせは直線番長レベルをさらに向上させてくれます。

ディープリムは前方からの風を切って、風に挟まりながら進むようなものなので心地よく安定した走りをしてくれます。

加えて今回digiritのカーボンハブで組み替えたので回転性も上がりかなりスムーズに走れる。

この組み合わせはかなりおすすめ。

今回、せっかくならという事でビンディングペダルを鳴海さんに借りて使ってみました。

引き足が使えるようになり走り出しからすぐにスピードを出せるので走るのは楽しかったです。

ただ、スニーカーを履き替えるのがめんどくさかった。笑

通勤や街乗りの時はやっぱりトゥークリップがいいな。ビンディングはレースでまた試していたいですね。


このLEADER 735、もちろんお客様にも乗っていただけます。

サイズがLサイズなので乗れる人は限られますが乗ってみたい方は気軽にお声がけください。

今はペダルもストラップタイプにしていますので、普通のスニーカーで乗れまっせ。

よろしくです。


REN

完成車:LEADER 735 COMPPLETE BIKE ¥220,000-INTAX

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com

BROTURES OSAKA 公式LINE始めました!
ここだけのお得な情報も配信していきますのでご登録よろしくお願いいたします!

Ren Toriyama
BROTURES Osaka

FEATURED PRODUCTS