とある男を追いかけて

2022.03.28
Harajuku
Kawamura Yuki

皆さんこんにちは。BROTURES原宿のGORIです!

早速ですが、本日は”とある男を追いかけて”なんてタイトルでブログがスタートしているわけですが、気になるその男はLEADER®︎BIKE を代表とする伝説のライダーである、EMI BROWN。

今でこそ、LEADER®︎=ピストバイクってイメージが浸透してはおりますが、

1999年の設立当初は、ロードバイクやクロスバイクを主流としていたブランドであったりします。僕も初めてこの事を知った時に驚いたのを覚えています。


当時SFでMASHのオリジナルメンバーとしてメッセンジャーをしていたエミが、撮影中に事故でフォークを壊してしまった。

そんなとき彼が連絡をしたのが、LEADER®の創業者SALである。

SALはその要求を快く受け入れ、替えのフォークを即座にEMIの元へと送った。

そこからEMIはLEADER®︎ BIKEに乗り始める事となる。

これがEMIとLEDAER®️が出会ったきっかけとなり、この出会いからLEADER®︎が本腰を入れてピスト作成を行う決意をし、735TRなどの車体が誕生した事になります。

そんな憧れのライダーである、EMIのカッコいいライディング動画をどうぞ!

とまぁ、EMIのご紹介はここまでにして本題に戻りましょう!

お察しの言い方は既にお気づきかもしれませんが、本日はLEADER®︎735TRのWHITEをベースに使用し、EMIが跨っていたようなカスタムを現在のオリジナルパーツで作成してみました。

ピストのカスタムは人それぞれ自由に楽しめる事が魅力の一つですが、

憧れのライダーを参考に、カスタム車体を作り上げてみる事もまた一つの楽しみ方。

それでは早速カスタム車体の紹介をしていきましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

LEADER®︎735TR 完成車 ¥203,500-税込

電話で購入する

メールで購入する

LEADER®︎といえばアルミのマッスルボディに、マットブラックの色味を合わせた車体が王道ですが、光沢の美しいホワイトだって魅力的です。

マットブラックとは違い、ホワイトの塗装に合わせたブラックのロゴが映える映える。

グロスのかかったホワイトは、本当に美しく街中の視線を集める事間違いなし。

自分自身ブラックの車体しか跨った事がなかったのですが、今年は735TRのホワイトにのってみたいなぁ〜なんておもってたり、なかったり!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


LEADER®︎ DOWN TOWN トラックドロップバー ¥8,800-税込

電話で購入する

メールで購入する

続いては、特徴的なハンドルパーツのご紹介!

EMI BROWNといえば、こちらのトラックドロップバーのハンドルが印象的ですね。

彼が実際に走っている所は見たことがないけれど、出てくる動画では必ずトラックドロップを使用していたりします。

通常 LEADERの完成車には握り箇所がワイドなロードドロップバーが標準で搭載されているのですが、よりピストバイクをらしく楽しむなら、トラックドロップへカスタムしてみましょう。

その名の通り、トラックを縦横無尽に駆け回るレーサー達が使用しているハンドルなだけあって、加速しやすい乗車姿勢を演出してくれます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


BROTURES SHRED88 CARBON WHEEL FRONT ¥60,500-税込

電話で購入する

メールで購入する

最後のEMIらしさは、何を隠そうこのフロントホイール。

EMIといえば、CANE CREEKのカーボンディープリムが印象的。

ただ、今同じ物はご用意することが難しいので、今回はBROTURESオリジナルの、

SHRED88 CARBON WHEELをセット!

88mmという極上のディープリムは、走行時の衝撃を吸収し快適な走行をアシスト。

勿論カーボン独自の軽さからなるハンドリング性能も間違いなし。

なによりフロントだけにあしらっているこのシルエットが個人的には大好きだったり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さらっとしたご紹介にはなりましたが、今回はLEADER®︎のピストを作ったといっても過言ではない、EMI BROWNが実際に跨っていた車体を参考にカスタム車体を作成致しました。

自分の理想を追い求めるカスタムもいいですが、たまには憧れのライダーを意識して、

カスタムをしてみてはいかがでしょうか?

それでは皆様からのお問い合わせをお待ちしております!

LINE

インスタグラム

BROTURES原宿へ電話でお問い合わせする

BROTURES原宿へメールでお問い合わせする

全てのバイクはカスタムすることが可能です。
是非ともご自身のライフスタイルや好みに合わせてカスタムすることをオススメします。
カスタムのご相談やご要望がございましたら下記のオーダーフォームよりお気軽にお問い合わせください。

<カスタムバイクオーダーフォーム>

Kawamura Yuki
BROTURES Harajuku

FEATURED PRODUCTS