JCMC 原宿店レポ

2022.11.22
Harajuku
Kawamura Yuki

皆さんこんにちは!BROTURES原宿のGORIです。

早速ですが、本日のブログでは11月19日に横浜の赤レンガ倉庫にて行われました、

ピストバイクの国内最大級規模のイベント、JCMC(ジャパン・サイクル・メッセンジャー・チャンピオンシップ)に参加した、

BROTURES原宿店スタッフのレースや、会場の熱気などをお伝えする為に、ブログを書いていこうと思います!

昨日の横浜店のブログ同様、原宿店も写真多めで突き進むので是非最後までお楽しみ下さいね!

ちなみに、今回のイベントのレースに参加した原宿店スタッフはこちら。

メッセンジャーゲーム→ユーマ

クリットレース→GORI、ルネ

のメンバーで各々レースに挑みました!

横浜店のブログで、会場の雰囲気などはしっかり伝えてくれたので、僕たちはもうレースの事から書いちゃいます!


今回ユーマが参加した、メッセンジャーゲームには、横浜店のミッツさんや石田くんも参加するなど、

BROTURESスタッフが多く参加し、見てるこちらも全員が盛り上がれるレースとなりました。

ちなみに、BROTURES原宿店によく遊びに来てくれる、お客さんも参加してました!



走ってる時のかっこいい姿じゃなくて、転んだ後の写真でごめんね!

勿論走ってる姿もめちゃくちゃかっこよかったよ!

デリバリーレースには、ピストバイクは勿論、ロードバイクやマウンテンバイク、まさかのBMXなど、

エントリーしている多くの方が様々バイクに跨り、各所に様々な物を運んでいました!

コース内には数カ所チェックポイントが用意され、そこから各々荷物をピックアップ。
その後目的の配達場所へ、荷物を届けるゲームと内容はとってもシンプルなんですが、

それが故に奥が深いゲームでもありました。

ユーマは頭を酷使しているせいか、かなり不安な表情に。笑

ユーマ自慢の前歯がしっかりとはみ出てるぞ!

駆け抜けるBROTURESメンバーを、僕たちスタッフもしっかりと観戦!

GORIとコータさんの貴重なツーショット。

見つめる先には、頑張るユーマが写っているはず、、、きっと、、、多分、、、笑

お次の観戦写真は、BROTUESを代表するメンバーが写っているこの写真!

左から原宿店店長の平本さん、その次が大阪店のトリック番長あゆむさん、お次はBROTURESの代表である雄大さん。

その後ろにいるのが、横浜店の店長のジュンキさんと、この4人が集まって写真に写っていることに僕は感動です!

原宿店の金髪兄妹も忘れちゃいけません!

BROTURES全スタッフが会場を盛り上げようと、全力で応援しておりました。

ちなみにこの観戦写真が個人的にかなりお気に入りなのは内緒。

多くの参加者の方が、どんな経路で荷物をピックし、届けるのが最短なのかと、頭を使いながらのレース運びを行っておりましたが、

驚くのそのプレー時間。予選時間はなんと90分とかなり長い時間各チェックポイントに向け、駆け巡っておりました

はたから見ていて感じたのは、このレースがかなり過酷である事です!笑

予選では100人の参加者が、本戦出場枠の50人に残る為に競いあっておりましたが、原宿店のユーマは惜しくも予選敗退。

そんな悔しい結果に、ユーマは既に次戦を見据え次回の大会も参加すると意気込んでました!

既に目がギラついてます。笑

お疲れユーマ。君のデリバリースキルを高める為に、原宿店のお昼ご飯を今日から積極的に買いに行ってもらう事とするよ。笑

熱戦が繰り広げられたデリバリーレースの後には、ピストバイクに跨る猛者たちが、己のスキルを競い合うサブイベントの、

MESSゲームが繰り広げられ、我らがアユムさんなど多くの猛者が参加しておりました!

MESS GAMEはスキッドや、スタンディング、フットダウンなど、メッセンジャーらしい遊びが組み込まれたゲームになります!

日々街中で鍛えている、ピスト乗り達が見せる技術には僕たちスタッフ大興奮でした!

MESS GAMEが終われば、僕とルネちゃんが参加した最後のイベント。

sfiDARE主催のYOKOHAMA CRITレースがスタートです!


今回僕たちが参加したYOKOHAMA CRITレースは、一周550mのレースコースを周回し、誰が一番先にゴール出来るかを競うという、

かなりシンプルなレースとなっています!

しかし、このレースの面白い所は参加者全員がピストバイクに跨り、固定ギアのノーブレーキで駆け巡るという事。

つまり、通常の自転車のようにブレーキがない為、コース中のコーナーを曲がるときなどの原則がまぁ難しい。

通常の街乗りなら僕らはスキッドを利用し、減速する事が出来るのですが大会ではスキッドが禁止の為、

減速する為にはペダルを逆回しに踏まなくてはいけないんです。

誰よりも速くゴールに着くためには、誰よりもペダル上手に踏めるか、コーナーを回る時にいかにビビらずに回りきれるかが重要な戦いとなります。

そんな激アツの戦いに参加した僕たちの様子を写真で振り返ります!


今回のCRITレース、実は熱いピスト乗り達の戦いは15時頃からスタートしていました。

CRITレースの予選出走枠を決めるために、LOWDOWNの200mのスプリントレースを行いました!

この200mを一番速く走る事が出来た人順に、CRITレースの予選出走枠が良い位置になるんです。

ここで遅いと、スタートの時点でライバルに出遅れてしまうので、人生初のLOWDOWN頑張りました。
結果としては、二人ともそこそこの良い位置での出走が出来ました!
今大会女性は7人、男子は50人の参加とかなりの参加人数が集まりました。

人数の兼ね合いで女性は予選なしのぶっつけ本番。


初参加のルネちゃん、緊張してないかなーなんて心配をしていましたが、

見てくださいこの表情を!

原宿店スタッフの中で、彼女はかなり強いメンタルを持っていると話してはいましたが、

緊張するどころか、かなり笑顔で楽しんでいます!笑

この笑顔が見れただけで、ルネちゃんがこのレースに出れて本当に良かったと感じました!

女性は10週コースを回るレースだったんですが、ルネちゃん何度か回り切れずに壁にぶつかり転倒してしまいました。

それでもめげずに走り続ける彼女の姿を見て、観客のボルテージも最高潮に。

結果以上の盛り上がりを見せてくれたルネちゃんには、BROTURES全スタッフからMVPを送りたいです!

ルネちゃんのレースの後は男子の予選。

男子はエントリー総数が50人であったこともあり、1部2部の予選レースがありました!

予選から熱いレース展開が繰り広げられていた今回のレース。

今回のレースにはなんと競輪選手も参加するなど、過去に開催したどのレースよりも盛り上がりを見せていました。

予選1部が終われば、次は僕の番。

男子予選はコースを6周し、各レース上位12名が本戦に出場できる枠が獲得できる、過酷なレースとなっています。

正直に言います、人生初のCRITレースめちゃくちゃ緊張してしまいました。

ちなみに、この日のレースウェアはSUPREME会場1ド派手な格好でレースーに臨みます。笑

レースが始まってしまえば、緊張していたことなんで一切忘れ、富士山で鍛えた大腿四頭筋をこれでもかと言わんばかりに躍動させ、

予選突破を目指しました!

3周目くらいまでは予選突破圏内を行き来していた訳ですが、最初からハイペースで飛ばしすぎたせいか、後半にかけてのスタミナ切れ。

いつもなら諦めそうな自分ですが、沿道からの熱い声援のおかげで、諦めずに踏み続ける事が出来ました!

熱いご声援本当にありがとうございます。

なんだかんだ、12位争いをしていた最終コーナー。

ここで、悲劇が起きました。

後1人追い抜く事、さらにはスピードを緩めて抜かされない事だけを考えて走っていた僕。

最終コーナー攻めに攻めた結果、こけました。笑

少し分かりにくいですが、転んでるのが僕です!笑

最後の最後に攻めた結果での転倒だったので悔いなしですが、予選を突破できなかった事だけが悔しかったです。

次回のレースまでに鍛え直して、次は必ず予選突破を目指します!

みなさん如何でしたでしょうか?

本日はBROTURES原宿店のスタッフの頑張りを抜粋して紹介したブログになっていますが、

楽しんでもらえましたかね?

僕自身初めてレースに参加して、新たな自分とも出会う事が出来ましたので、次回も参加機会があれば積極的に参加しようと思います!

まだまだ興奮冷めやらぬ状況ですが、本日はここまでとしましょう!

それではまた。

GORI

Kawamura Yuki
BROTURES Harajuku