チェーンについて語ろう。

2021.09.28
Kichijoji

先日apple storeでパソコン診てもらいました。
僕の相棒はappleで言うところの「ヴィンテージ」だそうです。

どうも、おらこんな村イヤだ。ミヤです。


さて、ご挨拶にかかる形になってますが、本日はパソコン然り、
古いといろいろと良くないことが起こるこのパーツについて。

ズバリ、「チェーン」について。

以下かなり長くなるので、まったりお酒でも飲みながら、
或いは通勤時の暇つぶしにどうぞ。

もしくは副反応として眠気を催す場合がございますので
逆手にとって睡眠導入剤としての処方もオススメです。

余談ですがこの間は「入浴中にブログ読むのがルーティーンなんだよ!」と言う嬉しいお声も頂戴しました。
ありがとうございます。
そんな貴重な一日のリラックスタイムにお供できること、恐悦至極でございます。

見る間に脱線しました。
戻ります。

最近、約1年ぐらい使ったチェーンをなんとなく交換してみました。
参考までに、ミヤは月2回〜ぐらいチェーンメンテしてて室内保管なので
錆びたりとかはなかったんですが、まあ気分転換にと思いまして。

して、結論から言うんですが、この気まぐれチェーン交換、


やって正解!!!


でした。

理由は後述します。

今回僕が選んだチェーンは

IZUMI×MASH JET BLACK ¥3,300(TAX IN)


・サンフランシスコの伝説的ピストクルー"MASH"と高品質チェーンメーカー"IZUMI"のコラボチェーンです。
トラックバイクやBMXに最適な厚歯用チェーンです。
通常ラインナップにはないオールブラックやコマのみ色付けされたオシャレチェーン。

です。

3色展開なので、他の色も一応貼っておきますね。

BK/BK


BK/SIL

ミヤは今KAGEROのBKに乗っているので、
ロゴのカラーに合わせてBK/GDをチョイスしました。

取り付けたらこんな感じ。
(ちょっと色味分かりにくいです、ゴメンナサイ)

ちなみに前までは

HKK VERTEX TRACK RACER CHAIN Silver ¥6,050(TAX IN)

NJS認定のチェーンです。定番のブルーチェーンの高耐久モデル。
ゴールドとシルバーの美しいコーティングは足回りで存在感を発揮します。



これを使ってました。

やっぱり「NJS認定」ってネームバリューは大きいですよね。
迷ったらこれ。ってぐらい、vertexも間違いなしだと思います。

ちなみにNJS云々で言うとIZUMI JETBLACKは非NJSです。
言うてもIZUMIさんもNJS認定チェーン作ってますので、精度は全然問題なく、個人的には気になりません。
(どのみち消耗品なので、それなりにいいやつなら今回みたく気分で替えます。)


で、ここで本筋に戻るんですが
なぜこの「気まぐれチェーン交換」が正解だったのか。

答えは

「思ったより伸びてたから」

なんですね。(シンプルに確認不足!!!)


僕らの使う工具には

こういう、“チェーンチェッカー”なるものがありまして、
チェーンがどのぐらい伸びちゃってる(ヘタってる)かを測定することができるんですね。

こんな工具があることからもお察しの通り、
まず大前提として、チェーンは使ってると伸びます。

しかもこの伸び方が均一じゃないんですよね、なぜか、どうしても。

そうするとどれだけ上手くセッティングしても
チェーンリングとコグの間で不均一に張る所と、弛む所が現れます。

これが良くない。
張りすぎると、チェーンリング⇄コグの圧力が強くなって上手く回らず
弛むと今度は力が伝わりにくくなって上手く回りません、
これが所謂「チェーンテンション」の仕組みです。

つまり普段メカニックはリアホイールを取り付ける際、
この張りすぎず弛みすぎてない絶妙な所を狙ってセッティングしています。

ちなみにこの足回りのセッティング(および使用パーツの精度)の良し悪しのジャッジなんですが、
スタンドにかけてクランクをぐるぐるカラ回しして、車体横からチェーンを眺めた時に

・チェーンがバタつく=たるみがある
・チェーンがバタつかず一直線が続く=たるみなし

となります。
割と一目瞭然でよく分かるのでぜひ試してみてください。



また、この張りすぎる、ないし弛みすぎる現象は一概にチェーンだけのせいだけではなく
チェーンリングとコグの精度(真円に近いものがよい)も影響してきます。

(ミヤ画:極論こんな感じです。ヘタウマ☆)

なので、僕らが猛プッシュしているSUGINOやらdigiritやらEURO-ASIAやNOVACORONAなんかは
数多あるブランド中でも群を抜いて真円に近い=精度の高いパーツ、と言うことになります。

ではこの「CRとCOGのそれぞれにそこそこいいやつをインストールしているにも関わらず
それでもチェーンテンションにムラがある」
場合、

もうお分かりでしょうか、

チェーンの方に問題があります。多分。
(「チェーンライン」という全く別問題の可能性もありますが、今日は触れません。)

なので、そんな時は
一度立ち止まって、「チェーン伸びてるんじゃね?」と問うてみましょう。

今回のチェーン交換で、ミヤのチェーンテンションは見違えるほど覚醒しました。
(オメデトウ!!)

肝心の乗り味はと言うと、「硬く」なりました。
これは悪い意味でなく、ほぼほぼロス(張りすぎや弛みによるもの)が無くなったことで
走行中、チェーンがずーっとホイールの回転に作用し続けてくれることで
惰性の伸びが良くなってるということなんですね。
全く不快感はなく、むしろ、

「お前、、!こんな進むのか!」

と改めてマイバディーをよしよししてやりたくなる、そんな感じです。

BROTURESのブログでは、ミヤも含め頻繁に「チェーン錆びてない?!」的な感じで
チェーン交換やチェーンカスタムを促してますが、

正直写真のレベルで錆びてるような状態は言語道断です。
ママチャリじゃないんだから。(ママチャリを綺麗に乗ってる方、すみません)
今後こんな状態の方を見かけたら随時摘発します、チェーン警察です。


と言うわけで、
錆びてるチェーンはもちろん、完成車の「普通」なチェーンや
長期間使っているチェーン、見た目は大丈夫そうでも、
替えてみると意外と驚く変化がありますよというお話し。

特に1年以上交換してない方は、マストで替え時です。


それから、最後になりますが、
このあと早速チェーン確認しようと思っている皆様、
くれぐれも指を挟まないようにお気をつけくださいね !
(歯車とチェーンの間に指が挟まったら救急車です)

最後まで長々とお付き合いありがとうございました。


それでは。


BROTURESでは各店、スタッフを募集中です。

採用情報について、詳しくはコチラをご覧ください。

BROTURES Kichijoji
ブローチャーズ吉祥寺

フラッグシップの原宿、横浜、そして大阪と日本のストリートバイクカルチャーを世界に発信する FIXED BIKE SHOP “BROTURES”(ブローチャーズ) 西東京エリアに初進出となる吉祥寺店は、アメリカンカジュアルをテーマに設計。日本で唯一となるピスト専門のアウトレット及び中古買い取り、販売を行う。