「エモいL.A」 誕生。

2022.04.05
Kichijoji
ミヤ

【VANS×NIGEL CABOURN】のクラシックスリッポンに手を出してしまいました...

どうも、コブランに目がありません。ミヤです。

さて本日は。



DOSNOVENTA Los Angeles Frame Set

¥149,000(税込¥163,900)


またまたかなり良さげなオーダーを頂いたので、
4月一発目のカスタマーズバイクチェック、やっていきたいと思います。



DEDA ELEMENTI DABAR ¥27,000(税込¥29,700)

PAUL CROSS LEVER¥19,980(税込¥21,978)


DEDA ZERO 1 Stem ¥5,273 (税込¥5,800)

DEDA ZERO 1 Seatpost ¥4,818 (税込¥4,300)

FIZIK ANTARES Saddle ¥15,800(税込¥17,380)

DSNV®106 WHEEL SET ¥147,500(税込¥162,250)

CONTINENTAL GATORSKIN ¥7,273(税込¥8,000)


ROTOR VEGAST TRACK CRANK SET ¥66,400(税込¥73,040)


SHIMANO 105 BR-R7000 BRAKE SET ¥4,915(税込¥5,406.5)

MKS COMPACT Pedal ¥9,600(税込¥10,560)



コックピットは人気のカーボンブルホーンバー、「Dabar」を筆頭にDedaで統一。

「Dabar」だけはカーボン素材ということもあり、2万円オーバーの高額アイテムですが
ステムとシートポストは見た目の良さに反比例して非常にコスパの高い「Zero 1」シリーズをアッセンブル。
ブレーキパーツには前後でアンダー1万円という良心価格のSHIMANO「105」を取り付けました。
これらの部分にはそこまで大きく予算を割かずに、全体の価格を上手いこと抑えています。

反面、足元には大々的に予算を投入し「DSNV106」カーボンホイールセット、Rotor「Vegast」ダイレクトクランクを迎えたことで、ウェイトを飛躍的に軽量化させました。

抑えるところはしっかりと抑え、攻めるべき箇所は徹底的に。
オーナーの采配が光る素晴らしいカスタムですね。

機能面に関しては上記の通りですが、個人的に今回のオーダーで最もエモさを感じた箇所がこちら。



ステムとヘッドチューブの間に位置し、コラムの長さ調整の役割を果たす「コラムスペーサー」。
上2枚に使っているアルミ(グロスブラック)のタイプが最も一般的ですが
基本ブラックやシルバーしかバリエーションがないピストのパーツの中でも、コラムスペーサーはカラーや素材が選べたりする貴重な箇所です。

今回は下3枚にこんなスペーサーをお選び頂きました。

Mr.Control UDカーボン コラムスペーサー ¥380 (税込¥418)


実はこのカスタムオーダーには、「できる限りマットで統一する」という裏テーマが潜んでいます。
そこに合わせて選んだのが、この“マットカーボン”のコラムスペーサー。

丁度、コロンバスのテーパードスペーサーが「カーボン」、DedaのZero1ステムは「アルミ」になっていたので
異素材にまたがる接続詞として、これ以上ないほど美しくハマってくれた印象です。

全部カーボンスペーサーでもいいのかもしれませんが、僕は俄然こっちの方が好きですね。


自分の車体をカスタムし、それに実際に乗ってみるのが乗り物の醍醐味ですが、
その前段階で、こうして人の車体を眺め回して「かっこいいな」とか「自分だったらこうするな」とか
深く思考する時間もすごく重要だな、と改めて実感したそんな一台でした。

かっこいいオーダー、ありがとうございました。
どうぞ、この車体でしか味わえないエモーショナルなライディングエクスペリエンスをご堪能ください。

それでは。


BROTURESでは各店、スタッフを募集中です。

採用情報について、詳しくはコチラをご覧ください。

BROTURES KICHIJOJI
東京都武蔵野市吉祥寺北町1-1-2【MAP】
0422-27-6155
kichijoji@brotures.com
月・火・水・木・金 12:00~18:00
土・日・祝     10:00~18:00


ミヤ
BROTURES Kichijoji

北海道出身。札幌でピストにハマる。 接客・メカニックから撮影・ライティングなどなど、なんでも屋です。 王道のカスタムからニッチーなカスタムまで、ライフスタイルや好みに合わせて幅広くご提案致します。