入荷が迫る721TRにオススメなカスタムパーツとは?

2021.07.07
Yokohama

ようやく2021年のファーストロットの入荷を控えるLEADER®︎。
ご予約のお客様には大変お待たせしてしまいましたが、今月中より順次ご案内できそうです。
今日はその中でも高いコスパとカスタム性が人気の721TRにフォーカスしてみたいと思います。

LEADER®︎ 721TR Complete Bike

その前に721TRの特徴を簡単におさらいしましょ。

・LEADER®︎で最もリーズナブルなモデル
・だけどハイエンドモデルと同じ素材
・専用パーツがない=好きなブランドのパーツでカスタムが楽しめる
・全てのサイズがホリゾンタル設計

LEADER®︎の極太で美しい、軽量なピストが手頃に自分好みのカスタムで楽しめるバイクってわけ。
手頃な分カスタムに予算を回すことができますもんね。
初ピストなどにも非常に人気の1台です。

さて、カスタムでよくご相談いただくのはやっぱりハンドルですかね。
721TRの標準ハンドルはFSAのドロップバー。
このドロップがコンパクトバーなので幅が割と狭いです。
ハンドル幅はハンドリングの安定性に直結するので初心者の方は幅が広めなハンドルを選ぶと安心だと思います。

THOMSON CARBON RISER BAR

この時にステムやシートポストなどのパーツを同じブランドで揃えると統一感が出るのでオススメです。
もちろん規格を合わせればブランドはあべこべでも大丈夫です。
BROTURESではTHOMSONが1番人気ですかね。
個人的にはRITCHEYとか好きなんだけど、てんで売れないので仕入れづらい。。

もっとガツガツ攻めたいよ!なんて人にはブルホーンはいかかでしょう?
その名の通り牛の角のような形状をしたハンドルで攻撃的なルックスが人気です。

DEDA ELEMENTI DABAR

見た目で選ばれがちなブルホーンですが実はかなり万能選手。
持ち手が多いので様々なシチュエーションに対応することができます。
リラックスポジションから先端を握って力も入れやすい。
特にこのDABARはどこを握ってもしっくりくる。
こんな選択肢もオススメなのです。

ハンドルの次にカスタムするならホイールでしょうか。
自転車の花形とも呼ばれる、見た目や走行性能に大きく影響する大切なパーツです。

ピストと言えばバトンホイールに憧れますよね。
極太のフレームの721TRとの相性は言うまでもなく抜群です。
ちょうど先日BROTURES T3が入荷してます。
ぶっちゃけLEADER®︎のために作ったようなホイールなので超オススメです。

BROTURES T3 CARBON WHEEL

バトンホイール以外の手組みホイールも忘れちゃいけない。
好みの性能とルックスの両立ができる欲張りなチョイスです。
ライフスタイルに合わせて選んでみるのもいいかもしれませんね。

手組みホイール一覧

あとはドライブトレインのカスタムもマストかと。
自転車の心臓部ですからね。
見たような見た目でも乗り心地は全然違ってきます。
現状はあまり在庫がありませんが下記のブランドを選んでおけば間違いありません。

クランク:SUGINO 75系、ROTOR、BROTURES RIP CRANK
コグ:EURO ASIA、Digirit
チェーン:HKK

そんな感じで大まかにハンドル(コックピット)、ホイール、ドライブトレインとご紹介しました。
今日挙げたパーツももちろんオススメなんだけどこれが絶対ってわけじゃありません。
それぞれにフィットするカスタムがきっとあるのでもしお悩みでしたらお気軽にご相談くださいね!

ちなみに721TRのご予約もまだ可能です。
人気のカラーとサイズは入荷前に完売することもありますのでこちらもお早めにどうぞ!

Toshi

BROTURES Yokohama
ブローチャーズ横浜

西海岸のガレージをコンセプトに、リーダーバイクを始め世界中からセレクトされたピストバイクをが所狭しと並べられている。 ただの自転車店ではない、様々なカルチャーの発信するルーツがここに。 感度の高いメカニックもいるので安心。