”あなたはどのハンドル??”

 ハンドルは操作と同時に体を支え、安定させる大事なパーツです。

それ故に自分に合ったハンドル選びが重要で、カスタムは必須となります。

自分に合ったハンドル選びのご参考になればと。ハンドルの種類とモデルについてざっくりご紹介。

TRACK DROP BAR

ピストとのご縁が深い、TRACK DROP。所謂トラックバイク用のハンドルになります。

ピストの専門店である僕らからしたら最も馴染みのあるハンドルなわけです。

トラックレースなどで使用するため基本的にはハンドルの下部を握ります。

街乗りには少々不向きな面はありますが、グッと曲がったこの曲線が美しく、ファンも多い。

トラックドロップのおすすめはこの2本。

DEDA ELEMENTI PISTA DROP BAR

数少ないトラックドロップの中でもオシャレかつ軽量に優れたのがDEDA PISTA DROP BAR。街乗りカスタムにトラックドロップを入れたいのであればこれで間違いない。

NITTO B123AA DROP BAR

NJS認可された正真正銘のトラックドロップ。

クロモリフレームに合わせるならこのハンドルでしょう。競輪バイクをインスパイアするのならこのハンドルは欠かせません。

ROAD DROP BAR

お次はROAD DROP。ロード用のドロップハンドルは長距離を走行すために設計されているため、グリップポジションが複数あります。

トラックドロップとは違い、上部はフラットになっているため、上体を起こしてリラックスして走行することができます。

DOSNOVENTAのコンポーネントにもロードドロップがあるように、ここ数年はピストにもロードドロップが主流となっています。

DSNV®101 DROP BAR

デザイン性がいいのか、カーボンハンドルっていうのがロマンを感じさせるのか。どれにせよ、今特に人気が高いのがDSNV DROP BAR。

ストリートシーンを駆け抜けるレース仕様のカスタムにはこのハンドルの右に出るものはいないでしょう。

DEDA ELEMENTI ZERO100 DROP BAR RHM Silver

DEDA ZERO100の限定カラーであるシルバー。今もっともホットはドロップハンドルで注目度の高いハンドルです。

シルバーカラーで染めたいカスタムバイクにはぜひ使ってほしい。

BULLHORN BAR

こちらはブルホーンバー。牛のツノのような見た目からからその名がつき、インパクトのあるクールなハンドルです。

タイムトライアル用に使用され、先端を持つことで深めの前傾姿勢が確保でき、空気抵抗を減らすことができます。

ブルホーンもグリップポジションが複数あるため、長距離ライドから街乗りまで幅広く使われています。

DEDA ELEMENTI DABAR

ピストでブルホーンを備えるなら、行き着くとこはみんなここでしょう。

DABARはカーボン素材で機能性はもちろん、ルックスは抜群。車体をクールに仕上げるのならこのハンドルで決まりです。

DEDA ELEMENTI CRONONERO LOWRIDER

アルミ素材でコスパ良きなブルホーンバーならCRONONERO LOWRIDERがいいでしょう。

ドロップされた形状でエネルギッシュに攻め立てる車体にピッタリです。

RIZER BAR

最後はご存知のライザーバー。

街乗りから、トリック仕様のバイクには特にピックされやすハンドルです。

ライザーバーの特徴は安定感があり、上体を起こしてリラックスして走行することができます。

また、ライズ高さ、バックスウィープ角はハンドルによって異なるため、自分の好む形と姿勢に合わせて選びます。

女性の方もハンドルをライザーバーにするだけで恐怖心が軽減できると思いますよ。

by BROTURES WIDE LOW RISER

フラットでないけど上がりすぎても無い絶妙なライズとアップスウィープ。
思いっきり前荷重で体重を預けてペダルを踏みにいける安心感、ダンシングでしっかりバイクを振れる強靭さ。
値段も見た目含めてもストリートで扱いやすいハンドルです。

NITTO B801AA SSB Riser Bar

肘をたててショックを吸収する姿勢を取りやすくする幅広のライザーバー。
焼き入れのアルミを使用する事で、強靭且つ軽量に作られています。
B801は48mmとライズがきつくなってますので、スキッドや様々なトリックをする場合には高さがあるライザーバーが非常に使いやすいです。
幅は730mmとかなりワイドになってますので、自分のスタイルに合わせてカットして、好きなカラーのグリップでカスタムするのがオススメ!

 

見た目、用途、選びかたは様々ですが、ハンドルカスタムに手を出さないのは一番ご法度!

紹介したハンドルは一部ではあるので気になるハンドルがありましたらぜひお問合せください。

いろんなハンドルを試し、いろんな冒険をして、もっとピスト深みに浸ってみてください。

mittz

前の記事
一覧へ戻る
次の記事
BROTURES YOKOHAMA
横浜市中区山下町73-2 MAP
045-877-0974
12:00-18:00(定休日無し)
#TAG